EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COLDPLAY 「MYLO XYLOTO」
COLDPLAY 「MYLO XYLOTO」

Coldplay Mylo Xyloto

イギリス出身の4人組ロックバンド、コールドプレイの5作目。2011年発表。シンセやエレクトロ要素を多分に含んだサウンドが特徴で、ロックという枠にとらわれない芸術的な作品となっています。根本的な部分ではかなりシンプルなロックなのですが、フワフワとした装飾だったり、美しく美麗な装飾、キラキラとした煌びやかな装飾、荘厳で神秘的な装飾など、音響技術を最大限に生かしたカラフルな装飾が曲によって色々と施されているのが印象的。音の使い方がかなり空間的で、掴みどころのない世界観が素敵。曲を聴くというよりは、壮大で独特な彼らの世界に浸るという表現の方がしっくりくるかもしれません。前作に引き続き、アンビエント界の巨匠ブライアン・イーノとの共同制作なのでアンビエント色も至る所に散見され、そのせいで空間的な印象を受けるのかな。難解な部分はほとんど無く、気軽に聴けるってのがまた凄いところ。雰囲気だけじゃなくて、単純に曲自体が良いんだよな。

<収録曲>
1. Mylo Xyloto
2. Hurts Like Heaven
3. Paradise
4. Charlie Brown
5. Us Against The World
6. M.M.I.X.
7. Every Teardrop Is A Waterfall
8. Major Minus
9. U.F.O.
10. Princess Of China
11. Up In Flames
12. A Hopeful Transmission
13. Don’t Let It Break Your Heart
14. Up With The Birds


<オススメの曲>
3. Paradise (→PV)
7. Every Teardrop Is A Waterfall
8. Major Minus
13. Don’t Let It Break Your Heart

とりあえず#3が超名曲。PVがやたらシュールなので正直馬鹿にしていたのですが、ジワジワと脳が侵される中毒性の高い曲でした。ストリングスとエレクトロサウンドの印象的な、何とも言えない哀愁と切なさが混ざり合う神秘的な曲。やたらノスタルジックで寂しい気分になるというか、ずっと聴いてるともはや不安定な気持ちにすらなってしまいます。静かな曲なのに自然と口ずさみたくなるってのが凄い。サビの「Para... Para... Paradise...」がひたすら頭から離れません。
#7はアコースティックなサウンドが素朴でシンプルな曲。サビのメロディがとても美しいです。
#8はシンセの装飾でふんわり包まれながらも、比較的力強さを感じるロックな曲。後半にかけての盛り上がりが良い。
#13はシンセの音色が幻想的な曲。シャリシャリとしたサウンドなんかはシューゲイザーあたりに通じるものを感じるかも。これまたメロディが美しくてたまらないです。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1198-da590683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。