EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢中夢 「イリヤ‐ILYA‐」
夢中夢 「イリヤ‐ILYA‐」

夢中夢 イリヤ‐Ilya‐

日本出身のポストロックバンド、夢中夢の2作目。2008年発表。ありとあらゆる要素がごちゃまぜになった非常に説明しにくいサウンドが特徴の、かなり独創的な世界観を持ったバンドです。巷では「ヒーリングミュージック from HELL」だとか「ブラックメタル meets 久石譲」だとかわけわからん形容をされているのですが、聴けばそれも納得の独特な音楽性。プログレのように巡るましく展開し、ヒーリングミュージックのように美しくストリングスとシンセが絡み合い、美麗な女性ソプラノヴォイスが響き渡り、唐突にデスヴォイスが叫びを挙げ、儚いピアノが乱舞するという、言葉して並べてみると一切の整合性を持たないような要素がズラりとならびます。こんなに色んな要素が入っているのに混沌とすること無く綺麗に纏まってしまうのが凄いところで、このセンスの良さはまさに芸術。流れるような美しさと、暗くも重くも無いのにどこか鬱々とした雰囲気、そして攻撃性と癒し要素との絶妙なバランスがとにかくたまりません。なんか色んな要素が入ってるとどうしても敷居の高い印象がありますが、意外と聴きやすいのもポイント。

<収録曲>
1. intro -イリヤ-
2. 火焔鳥
3. 眼は神
4. 僕達の距離感
5. 反復する夢の果てで白夜は散る
6. ドクサの海の悪樓
7. 塵に過ぎない僕は塵に返る
8. いく度も繰り返されて、言葉は少しずつ意味を失い、言葉のもたらす痛みも和らぐ
9. サッフォー
10. 祈り
11. 灰の日


<オススメの曲>
1. intro -イリヤ-
2. 火焔鳥
3. 眼は神(→PV)
6. ドクサの海の悪樓
10. 祈り

#1は2分くらいのただのイントロなんだけど、この時点で美し過ぎて悶絶。クラシカルなストリングスが静かに流麗に響き渡り、既にノックアウト寸前です。
そこから続く#2がピアノの乱舞する超キラーチューン。バンドサウンドをバックに美しく儚いピアノが疾走するイントロ、そこから一度引いて静かに女性Voが歌いだし、サビで壮大に広がっていくという展開がまさに神がかっています。サビでのソプラノも神々しいし、ストリングスの絡みも絶妙。
#3はいきなりシャウトで始まる荒々しい曲。相変わらず綺麗なピアノの音色と、狂気的な展開とのギャップが印象的です。
#6はオルガンの音色が印象的な曲。神々しいサウンドと相成って教会のようなイメージを抱きます。不穏なメロディとブラックメタルばりのシャウトも加わり禍々しい雰囲気なのですが、やはり崇高でどこか美しいと感じてしまうような曲になっています。
#10は10分ちょいの大曲。儚く切ない歌いだしから、ゆーーっくり時間をかけてちょっとずつちょっとずつ盛りあがっていき、後半では信じられないほどの神々しい盛り上がりに。コーラスも聖歌隊のような神秘的な感じでマジ好み。前半のゆっくりした部分も、後半のブラスト疾走パートも、とにかく全てが美しいです。

オススメ度…95点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1202-591ec564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。