EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KINGFISHER SKY 「SKIN OF THE EARTH」
KINGFISHER SKY 「SKIN OF THE EARTH」

Kingfisher Sky Skin Of The Earth

WITHIN TEMPTATIONの元ドラマーであるIvar de Graafが在籍していることでも知られるオランダのゴシックメタルバンド、キングフィッシャー・スカイの2作目。2010年発表。Voが女性ソプラノVoという点は共通なのですが、WITHIN TEMPTATIONのような大仰で派手なシンフォニックゴシックとは違い、こちらはしっとりと落ち付いたプログレ風味のゴシックメタルをやっています。アコースティックギターやストリングスがちょいちょいフォーク/トラッドに通じるような素朴な音色を奏でているのが、聴く側に何とも言えない安心感のようなものを与えてくれるという印象。今作から女性ヴァイオリニストが加入したらしく、やり過ぎない程度のシンフォサウンドが加わっており、クラシカルな旋律で作品に花を添えています。

<収録曲>
1. Multitude
2. Rise from the Flames
3. The Attic
4. My Better Part
5. Like a Shadow
6. Two Old Trees
7. We Love Our Heroes
8. Mushroom Walls
9. Liquid Clocks
10. One More Day
11. The Edge of Insanity


<オススメの曲>
1. Multitude
2. Rise from the Flames
7. We Love Our Heroes

#1はちょっとダークでエキゾチックなメロディがねっとりと絡んでくる独特な曲。そんな中にモダンなヘヴィさとフォーキッシュなサウンドが器用に詰め込まれており、しかも何とも言えない憂いも含んでいるという、聴けば聴くほど味わい深い曲となっています。地味ながらもかゆい所に手の届くような感じ。
#2はイントロのアコギからもうフォーキッシュさが全開。素朴な雰囲気に癒されます。サビになると一気に盛り上がってゴシックメタルな雰囲気に。ここの高揚感がたまりません。
#7はトラッド的なメロディが儚く美しい曲。郷愁を誘うイントロの時点で既にノックアウトなのですが、その後の僅かにプログレッシヴさを感じさせる展開や、心に響くギターソロなどもたまらなく素敵です。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1215-8188c6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。