EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEMESEA 「THE QUIET RESISTANCE」
NEMESEA 「THE QUIET RESISTANCE」

Nemesea The Quiet Resistance

オランダ出身のゴシック系シンフォニックメタルバンド、ネメシーの3作目。2011年発表。ヘヴィロックに通じるようなモダンなリフ、そしてインダストリアルとまではいかないまでも多分に取り入れられたエレクトロ要素が大きな特徴で、そこにゴシカルなエッセンスが加わったようなシンフォニックメタルをやっています。Voは女性で綺麗なソプラノヴォイス。少々線が細いものの、綺麗で可憐な歌声を響かせてくれています。曲自体はわりと可もなく不可も無くといった感じで、エヴァネッセンスの持つモダンさと、ウィズインテンプテーションの持つシンフォニックゴシック要素を足し合わせて、ちょっと薄めたような感じかな。エレクトロニックなサウンドが入った曲はなかなか惹かれる部分は多いのですが、イマイチ中途半端感は否めません。もっと個性を出さないと飽和状態のこのジャンルの中ではどうしても埋もれがちになってしまうのではないかと。あ、どうでも良いけど、ジャケはめちゃくちゃカッコいい。

<収録曲>
1. The Quiet Resistance
2. Caught In The Middle
3. Afterlife
4. Whenever
5. If You Could
6. High Enough
7. Say
8. It's Over
9. I Live
10. Stay With Me
11. Rush
12. Release Me
13. 2012
14. Allein


<オススメの曲>
2. Caught In The Middle
3. Afterlife(→PV)
4. Whenever

#2はモダンなリフがヘヴィに響く曲。リフに絡むエレクトロニックなサウンドと、サビでの高揚感がなかなか良いです。
#3もモダンゴシックという感じの曲なのですが、曲の節々でエヴァネッセンスとか最近のウィズイン・テンプテーションをいちいち思い出す。どっかで聴いたことある気がしてしまうのが残念な気もしますが、サビの力強さとかはなかなか良いと思います。
#4も完全に最近のウィズイン・テンプテーション。雰囲気が似てるのは良いけど、曲調まで似通ってたらダメですよ。
後半になるとエレクトロ要素が強くなってきて良い雰囲気になってくるのですが、今度はいかんせんメロディが印象に残らないっていう残念な感じ。頑張れ。

オススメ度…76点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1220-cb7b930f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。