EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ASRIEL 「メルヴに堕ちる歎きの天使」
ASRIEL 「メルヴに堕ちる歎きの天使」

Asriel メルヴに堕ちる歎きの天使

メジャーとインディーズの双方から次々と作品を量産するシンフォニックロックユニットのアズリエルが、6作目と同時に発表した7作目。2008年発表。「同時に発表するってことは片方が"動"でもう片方が"静"なんでしょ!王道だもんね!6作目の方は激し眼の曲多かったから7作目は"静"だよね!わかってるんだから!」なんて思ってたんですが、意外とそうでもなく、こっちにも激しめの曲もしっかり入っていました。基本的にはやはりシンフォニックなクサメロ系打ち込みゴシックロックで、KOKOMIのビブラート系ハイトーンもいつも通りです。ダークで妖しげな雰囲気がこのユニットの売りの一つだと個人的は思っていたのですが、そのダークさが少し減退して明るい曲が多くなってしまっているのだけが残念かも。打ち込みとは思えないほどのハイクオリティな音作りをしているので、その点に関してはやはり素直に感心します。

<収録曲>
1. Chaos of romantic
2. phantom 
3. Al Livras
4. 時雨の空
5. 純潔の雪 
6. CRESENT~夢幻の楽園~


<オススメの曲>
2. phantom
6. CRESENT~夢幻の楽園~

#2は疾走しまくりのクサメロスピチューン。うねるようなベースラインがさりげなく良かったり。サビは明るく開けていく感じ。
#6はVoがいつもよりも可愛らしい感じで歌っている曲。妖艶な歌い方の方が好みなのですが、これはこれで良いかも。全体的に軽めでアップテンポですが、疾走感は抜群で、メロディのクサさも絶妙です。

オススメ度…79点

OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1225-1d0d8b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。