EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LAST WAIL 「THE TALE OF ENDLESS NIGHT」
LAST WAIL
「THE TALE OF ENDLESS NIGHT」


Last Wail The Tale Of Endless Night

ロシア出身のヴァイキングメタルバンド、LAST WAILの1作目。2011年発表。アグレッシヴで勇壮なリフでゴリゴリと疾走していくヴァイキングメタルをやっており、リフの端々に絶妙なクサメロを挟み込んでくるあたりが悶絶モノです。民族楽器やヴァイオリン、そしてフルートなんかも多用されており、激しく攻撃的なサウンドの中で負けじと自己主張してきます。Voが喚き系のデスヴォイスでこれまたナイスな迫力なのですが、実はなんと女性Voなのだとか。ちなみにKeyも女性らしい。「系統としてはENSIFERUMみたいな感じだなぁ」なんて思っていたら、やはりアルバム最後でちゃっかりカヴァーしてました。とにかくヘドバン必至の勇ましく猛々しいサウンド。

<収録曲>
1. Intro
2. Warrior of Justice
3. Revenge
4. Fighting the Dark
5. Mystery
6. Merciless
7. Tale of the Endless Night
8. The Doomed in Despair
9. Outro
10. Windrider


#10ENSIFERUMのカヴァー。

<オススメの曲>
2. Warrior of Justice
4. Fighting the Dark
6. Merciless
8. The Doomed in Despair

#1からもうあまりにも勇ましすぎるリフが炸裂。戦士の突撃していく様がありありと思い浮かぶような勇壮な疾走チューンです。そこにのっかるデスヴォイスもかなりの迫力で、とても女性とは思えないような猛々しさ。女性戦士すげー。ちなみに中盤のヒロイックなフルートサウンドが個人的に超ツボだったり。
#4もアグレッシヴなリフと勇壮なクサメロが絡み合う疾走チューン。激しいサウンドのバックで美しく響くピアノのようなKeyがなかなか良い味を出しています。
個人的に一番のキラーチューンは#6。やはり同じように勇ましく疾走するクサメロヴァイキングチューンなのですが、ツインギターに導かれるメロディのクサさがダントツで、中盤の拳を振り上げたくなるようなテンポのリフの応酬や、弾きまくりのヴァイオリンなど、悶絶ポイントが常に設けてある素晴らしい曲構成となっています。
#8は幻想的なKeyによるヒロイックなイントロにとにかく悶絶。そこの部分だけでも何度も何度も聴きたくなるような曲です。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1233-2d9e362c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。