EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRELLEBORG 「LANDS OF NJORD」
TRELLEBORG 「LANDS OF NJORD」

Trelleborg Lands Of Njord

ロシア出身のヴァイキングメタルバンド、TRELLEBORGの1作目。2010年発表。勇壮でクッサいメロディを振りまきながら突き進むヴァイキングメタルをやっており、土着的でフォーキーなエッセンスや、アコーディオンなどによるいかにもな民謡メロが盛りだくさんなサウンドです。戦士的な勇壮さというよりは海賊的な勇壮さが強い音楽性で、イメージとしてはALESTORMあたりが近いかも。ポルカ的なノリノリのKeyもかなりの頻度で登場し、そこらへんの陽気さ具合はFINTROLLあたりを思い出します。Voの声はデスヴォイスとクリーンヴォイスを使い分けており、クリーンヴォイスの方は雄々しいながらもどこか胡散臭い歌声が非常に独特。この陽気なヴァイキングサウンドにはうってつけの声です。ちなみに歌詞はロシア語で、それがさらにVoの胡散臭さを倍増させている印象。

<収録曲>
1. Entering the Lands
2. Gunbjorn (Birth of Skerriz)
3. Against the Winds
4. Born Under Sign
5. Metsanhumppa
6. At The Last
7. Sudden Arise
8. From the Seas
9. Spellful Cup
10. Tale of the Immortals
11. Birth of Skerriz (Orchestral)


<オススメの曲>
2. Gunbjorn (Birth of Skerriz)
5. Metsanhumppa
7. Sudden Arise
8. From the Seas
9. Spellful Cup

嵐のSEからドラマティックに盛り上がる#1に続く#2は、「いざ大海原へ!」という感じの勇壮なリフが響き渡るミドルチューン。Keyの装飾にうっすら包まれたクッサいメロディがたまりません。ちょっぴり抒情的な雰囲気が漂うところも良い。
#5は歌無しのインストですが、民謡メロ満載の疾走ポルカメタルチューン。アコーディオンが陽気に乱舞する楽しい曲です。一部のメロディがALESTORMの"Keelhauled"を思い出すかも。
#7は派手なホーンで幕を開ける勇壮な曲。やはりKeyによるメロディは超絶クサいです。そして途中ではお祭りのようなお囃子メロディが登場。なんとも言えない間抜けな雰囲気が最高に楽しく、思わず顔がほころびます。ちょっと軽い音のドラムのブラストもなんか好き。
「いざ戦い!」みたいな雰囲気の#8はやはりリフがとにかく勇壮。勇ましく敵の船に攻め入る海賊たちの様子がありありと目に浮かぶようです。もうずっとクライマックス状態。
#9はゆっくりとしたアコーディオンが徐々に加速していくヒロイックな曲。とにかくメロディがクッセェのなんの。アコーディオンの乱舞具合が最高に楽しい上に、コーラスの陽気さも半端ないです。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1242-56b60a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。