FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[DREAM THEATER]
DREAM THEATER「TRAIN OF THOUGHT」



ドリーム・シアターはプログレッシヴ・メタル界の大御所バンド。超技巧派集団です。とにかく全てのパートの演奏力がヤバイ。曲のほうは「プログレッシヴ」という言葉通りに「変拍子」「転調」等を繰り返しながらどんどんと進展していく感じで、一曲一曲がとても長いです。まぁ要は「プログレッシヴ・ロック」のメタル版ということですね。
このアルバムはそんな彼らの7作目で2003年発表。他の作品よりも幾分かダークでヘヴィな作品。

1.As I Amはリフがかなりヘヴィな曲。が、Voのメロディはかなりキャッチーで聞きやすい。ギターソロは「さすが!!」と言う他ない超絶プレイ。すげぇ。
2.This Dying Soulはイントロがメチャクチャかっこいい。ツーバスドコドコ&高速ギタープレイを聞いているだけで興奮してしまいます。その後の展開も素晴らしく、途中ではなんとメタリカの「Blackend」のフレーズが(笑)。そして最後にはペトルーシ&ルーデスの超絶速弾きバトル。もうホントたまんねぇよ。11分を超える大曲ですが、非常に素晴らしい曲なのであっという間の11分間になるはずです。
そして個人的に一番好きなのはIn The Name Of God。こちらはなんと14分を超える大曲ですが、最初っから最後まで一気に聴かせてくれます。前半のヘヴィな展開を見せてくれるパートも素晴らしいのですが、後半のテクニカルなパートが特にヤバイ!!キーボード&ギターの超速弾きでのユニゾンがヤバイです。ジェイムス・ラブリエの歌唱も哀愁たっぷりで良い。
その他の曲もホント名曲ばかりで、優劣付けられないほどです。

ということでこのアルバムはかなりの名盤。プログレ系が好きで、しかもヘヴィな曲が好きな人は絶対気に入るはずです。そして、「あんまヘヴィ過ぎるのは…」と言う方は、ロック史上屈指の名盤「IMAGES AND WARDS」の方をまず聞いてみましょう。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/125-dbdba99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。