EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 HR/HM年間ベスト
もう2012年になってしまいましたが、2011年のHR/HM年間ベストをやっと選出しました。

毎度のことながら、アルバムレビューの特点での優劣と多少の相違があるとは思うのですが、その点はあまり気にしないで頂けるとありがたいです。まぁあれは偏差値的な意味合いだと思っているので…、と言い訳しておきます。ごめんなさい。


では、2011年の年間ベストです。
<アルバム部門>

1位. Fleshgod Apocalypse 「Agony」

Fleshgod Apocalypse Agony

2011年の1位は悩むことなくこれ一択でした。イタリア出身の、あまりにも荘厳なシンフォニックデスメタルバンド。圧倒的攻撃性とそれを神秘的に際立たせるオーケストレーションとの融合が究極に素敵。これ以前の作品が好きだった人達からすると賛否両論らしいのですが、これ以前の作品は未聴。


2位. Turmion Kätilöt 「Perstechnique」

Turmion Kätilöt Perstechnique

フィンランド出身の変態インダストリアルメタル。サイバー風味というか、トランス風のピコピコとした電子音サウンドを多用したインダストリアルメタルで、そのくせメロディは超キャッチー。あまりにも変態すぎる見た目とのギャップも素敵。


3位. Anaal Nathrakh 「Passion」

Anaal Nathrakh Passion

英国出身のサイバー系ファストブラックメタルバンド。憤怒と憎悪にまみれ狂気の塊のようなサウンドが相変わらず素晴らしい。


4位. Brymir 「Breathe Fire To The Sun」

Brymir Breathe Fire To The Sun

フィンランドのフォーク系シンフォニックブラックメタルバンド。荘厳な世界観とあまりにもクサいメロディとの融合がとても秀逸。デビュー作とは思えない完成度。


5位. Hell 「Human Remains」

Hell Human Remains

英国出身のオカルティック正統派メタルバンド。胡散臭さが半端なく、それが妙に癖になってしまう。結成から20年以上の時を経てようやく世に送り出された快作。


6位. Amorphis The Beginning Of Times

Amorphis The Beginning Of Times

ここ数作外れ無しのアモルフィスは、今年も上位にランクイン。ここ最近の路線から一切ブレない慟哭のヘヴィメタル。


7位. Within Temptation 「The Unforgiving」

Within Temptation The Unforgiving

とりあえずジャケは酷いが、内容は相変わらず素晴らしかったオランダのシンフォニック系ゴシックメタルバンド。昔のサウンドとはかなり方向性は変わってきているものの、クオリティは依然高い。そしてシャロンのエンジェリックヴォイスの美しさにはただただ息を飲むばかり。


8位. Moonsorrow 「Varjoina Kuljemme Kuolleiden Maassa」

Moonsorrow Varjoina Kuljemme Kuolleiden Maassa

フィンランド出身のヴァイキングメタルバンド。重厚で緊張感のある雰囲気の中、扇情性の高いメロディでドラマティックにゆっくりじっくり進んでいく荘厳なスケールのヴァイキングメタルはとても圧巻。


9位. Kvelertak 「Kvelertak」

Kvelertak Kvelertak

ノルウェー出身の、パンク系ブラックメタルと呼ぶべきか、邪悪なパンクと呼ぶべきか、ジャンル分けが難しいバンド。パンクと言うには禍々しく、ブラックメタルと言うには陽気過ぎる。パンクの荒々しさとブラックメタルの荒々しさという違った二つの荒々しさをうまーく融合していてとても好感触。


10位. Last Wail 「The Tale Of Endless Night」

Last Wail The Tale Of Endless Night

ロシア出身のヴァイキングメタルバンド。民族楽器やヴァイオリン、そしてフルートなんかも多用されており、アグレッシヴで勇壮なリフでゴリゴリと疾走していく。Voはデスヴォイスですが、なんと女性らしい。


11位. Chthonic 「Takasago Army」

Chthonic Takasago army

台湾出身のシンフォニック・ブラックメタルバンド。二胡や尺八、琴二胡などを取り入れた独特のブラックメタルで、過激さや邪悪さを持ちながらもなんとも言えない東洋感を漂わせています。元々かなり高品質でしたが、今作で更なる高みへと上り詰めた印象。


12位. Nightrage 「Insidious」

Nightrage Insidious

メロディの叙情性が凄まじいストレートなメロデス。即効性の高さが半端ない。初期インフレイムスに通じる叙情メロ。


13位. Decapitated 「Carnival Is Forever」

Decapitated Carnival Is Forever

兄弟の死を乗り越えて復活し、更なる進化を遂げたポーランドのテクニカルデスメタルバンド。無機質なリフがグルーヴィーに絡みあう至高のテクデス。


14位. Torchbearer 「Death Meditations」

Torchbearer Death Meditations

スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンド。ブラックメタルに肉薄する激しさを持ち、メロディアスさと激しさが絶妙のバランスで折衷した素晴らしいサウンド。


15位. Seth.ECT 「Godspeak」

Seth.ECT Godspeak

トルコ出身のインダストリアル系デスメタルバンド。オフィシャルHPで無料配布しているデビュー作ですが、その完成度は異常なほど高い。近未来っぽいサウンドで古代っぽいサウンドを演出するというわけわからん音楽性が素晴らしいです。


16位. Týr 「The Lay Of Thrym」

TYR The Lay Of Thrym

ヴァイキングの地、フェロー諸島からやってきたヴァイキングメタルバンド。、民謡チックなメロディとリフだけで真っ向勝負の勇壮なサウンドがとてつもなく素敵。


17位. Regain The Legacy 「Collapse Of Ideals」

Regain The Legacy Collapse Of Ideals

ロシア出身のメロディックデスメタルバンド。非常にメロディアスなリフと扇情的なソロをぐいぐいと挟みこんでくるスタンスのメロデスです。喚き系のデスヴォイスと深みのある咆哮系デスヴォイスを使い分けるVoの器用さが凄い。


18位. Vader 「Welcome To The Morbid Reich」

Vader Welcome To The Morbid Reich

ポーランドの重鎮デスメタルバンド。相変わらずのテクニックと相変わらずのド迫力にただただ圧倒されるばかり。


19位. Turisas 「Stand Up And Fight」

TURISAS STAND UP AND FIGHT

フィンランド出身のヴァイキングメタルバンド。前作よりもオーケストラ要素がさらに増え、無駄な壮大さがパワーアップ。暑苦しくて大仰な、漢のメタルここに健在!


20位. Draconian 「A Rose For The Apocalypse」

Draconian A Rose For The Apocalypse

スウェーデン出身の絶望ドゥーム/ゴシックメタルバンド。ゆったりとした沈み込むようなリフが聴く者をズブズブと絶望の淵へと引きずり込む、醜と美が混沌と渦巻いたサウンド。


21位. Poisonblack 「Drive」

Poisonblack Drive

元センテンスドのヴィレ・レイヒアラ率いるバンド。かつてノーザンメランコリーメタルと呼ばれたセンテンスドの面影をちらほら覗かせながらも、ノリよく軽快に疾走するサウンド。


22位. Dragon Guardian 「Destiny Of The Sacred Kingdom」

Dragon Guardian Destiny Of The Sacred Kingdom

勇者アーサー率いるクサメロスピバンド、ドラゴン・ガーディアンの1作目のリメイク盤。恥ずかしいセリフやナレーションを全部取っ払っただけでこんなにカッコよくなるとは。ドラガは2011年に純粋な新作も出しており、あっちはあっちで高品質でしたが、こっちの方が断然好きでした。こっちのセリフとか入れない路線でもアルバムを出し続けて欲しい。


23位. 陰陽座 「鬼子母神」

陰陽座 鬼子母神

陰陽座の初のコンセプトアルバム。そんな堅苦しいこと抜きに、単純に一曲一曲の良さが際立った作品でした。


24位. Holy Martyr 「Invincible」

Holy Martyr Invincible

イタリア出身のエピック系正統派メタルバンド。"ザ・武士道"みたいな雰囲気が漂う和風バトルメタル。至る所で出てくる日本語がとても微笑ましいですが、内容はとても素晴らしい。


25位. 「Suidakra Book Of Dowth」

Suidakra Book Of Dowth

ドイツ出身のヴァイキング風メロディックデスメタルバンド。土着的なメロディの心地よいクサさと攻撃性を兼ね揃えたサウンドが非常に魅力的です。





<チューン部門>

1位. Riot / Riot
2位. Wisdom / Silent Hill
3位. Dalriada / Hajdútánc


4位. Korpiklaani / Tequila
5位. Die Apokalyptischen Reiter / Dir gehцrt nichts
6位. Five Finger Death Punch / Under And Over It
7位. Anthem / The Sign
8位. Metsatöll / Küü
9位. Shining / Förtvivlan, Min Arvedel
10位. Korn / Narcissistic Cannibal

11位. Nickelback / When We Stand Together
12位. Havok / Covering Fire
13位. Deicide / To Hell With God
14位. Galneryus / Future Never Dies
15位. Unearth / The Fallen
16位. Thrash Or Die / Fatal Fury
17位. Falconer / Svarta Änkan
18位. ReinXeed / We Must Go Faster
19位. Neonfly / The Enemy
20位. Stratovarius / The Game Never Ends
21位. Liv Moon / 死の舞踏~ディエス イレ~
22位. Rhapsody Of Fire / From Chaos To Eternity
23位. Burzum / Jeg Faller
24位. The Blanko / You & I
25位. Imaginary Flying Machines / Gake No Ue No Ponyo


いつも通り、アルバム部門で選ばなかったアーティストから選出しています。チューン部門はアルバム単位ではなく、曲単位でめちゃくちゃ聴きまくった曲を選びました。めんどくさいんでコメントは割愛しますが、どれも繰り返し聞きたくなるようなキラーチューンばかりです。


<総括>

なんだかわりと平凡なランキングでごめんなさい。
様々なジャンルを聴こうとは心がけているのですが、こう並べてみるとなんとなくヴァイキング系に偏っている気がします。まぁ民謡系のクサメロが大好物なもので…。

2011年に発表されたアルバムで、良いという噂は聞いているもののまだ聴けてない作品も山ほどあるので、まぁこの年間ベストは「ふーん」と思いながら適当に流し読みして頂ければと思います。

とりあえず、今年も素晴らしいHR/HMと出会えると良いな。ではでは。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
幅広く聴いてらっしゃるHira.Rさんらしく色々なジャンルから選ばれていて、とても楽しませていただきました。私の持ってるのは25作中17作でした。BRYMIR、チェックしてみようかな。
あと、私以外にPOISONBLACKを選ぶ人がいるなんて!とても嬉しいです!
2012/01/09(月) 22:04:24 | URL | ヒゲ・スカイウォーカー #-[ 編集]
>ヒゲ・スカイウォーカーさん
POISONBLACK好きなんですよねー。元々センテンスドが好きで追っかけてたんですけど、POISONBLACKになって雰囲気はは変わったもののやっぱり好きでした。

BRYMIRオススメですよ!
2012/01/10(火) 11:09:54 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
2011年ベスト
Hiraさん、こんばんは。

興味深く拝見しました。デス・フォーク&ヴァイキング系が多く見られる中で、さらりとランクインしているHELLが目を引きますね。早く僕もアルバムを聴かねば。

FLESHGOD APOCALYPSEは凄まじかったですよね。あまりに音数が多いのと音圧が凄いのと密度が濃すぎて、アラフォーのオジサンリスナー(僕デス)は聴き疲れしてしまいますが(笑)、やっぱり内容は素晴らしかったと思います。
2012/01/14(土) 21:38:23 | URL | ピッペン #-[ 編集]
>ピッペンさん
こんにちは!

いやー、HELLはめっちゃ良かったですよー。正統派メタルとして聴いてもかっこいいですし、なんといっても胡散臭さがたまりませんでしたw

FLESHGOD APOCALYPSEは確かに凄まじいという言葉がぴったりですよね。確かにめっちゃ音数多いですね(笑)
2012/01/15(日) 23:07:14 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1271-af7a4fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。