EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DARK TRANQUILLITY 「WE ARE THE VOID」
DARK TRANQUILLITY 「WE ARE THE VOID」

Dark Tranquillity We Are The Void

スウェーデン出身のベテランメロディックデスメタルバンド、ダーク・トランキュリティの9作目。2010年発表。少々リフの音質がモダンになってきてはいるものの、作を重ねるにつれ路線変更をするメロデスバンドが多い現状の中、初期からメロディアスであることに関して一切路線を変更していない貴重な存在です。今作でもモダンなリフに悲壮感溢れるメロディの絡むメロデスをやっており、冷たいKeyの音がとても魅力的で、美しい慟哭メロディに花を添えているような印象。"世界一美しいデスヴォイス"と形容されるミカエル・スタンネの咆哮も素晴らしく、楽曲の持つ悲哀性をさらに増幅。醜と美の融合というとっくに使い古された言葉がしっくりくる、ドラマティックで美しい慟哭メロデスです。

<収録曲>
1. Shadow In Our Blood
2. Dream Oblivion
3. The Fatalist
4. In My Absence
5. The Grandest Accusation
6. At The Point Of Ignition
7. Her Silent Language
8. Arkhangelsk
9. I Am The Void
10. Surface The Infinite
11. Iridium
12. Star Of Nothingless
13. Out Of Gravity


<オススメの曲>
1. Shadow In Our Blood
3. The Fatalist
4. In My Absence
5. The Grandest Accusation
9. I Am The Void
12. Star Of Nothingless

#1はグルーヴィーなリフがザックり刻まれるパートと、メロディアスに疾走するパートとが順番にやってくる曲。そんな中で冷たく響くKeyがとても良い味出しています。
♯3#4はいかにもなメロデスチューンで、適度な疾走感と抒情的なギターリフが非常に素敵。ギターソロなんかもどこか物悲しげで素晴らしいです。
#5は凄まじい悲哀にまみれた曲。比較的大人しめで、じっくりと聴かせるような作りになっています。
タイトル曲の#9はアグレッシヴなリフでぐいぐいと駆け抜けていく疾走曲。イントロ部のリフの持つ独特な禍々しさが超ツボでした。その後の展開もいかにもダーク・トランキュリティな悲哀に満ちたメロディアスなサウンドで、このアルバム一番のキラーチューン。
#12もリフが結構攻撃的で好きだな。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1294-790b2d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。