EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SKRILLEX 「BANGARANG」
SKRILLEX 「BANGARANG」

Skrillex Bangarang

米国出身のエレクトロアーティスト、スクリレックスの2枚目のEP。2011年発表。本名はソニー・ムーアという名前で、元々はフロム・ファースト・トゥ・ラストというバンドでVoを務めており、喉を痛めて脱退したのだそうです。つい最近ではKORNの新譜で大胆なコラボレートを果たし、それによってメタラーにも知名度が上がったかどうかは定かではありませんが、電子音楽界を引っ張るニューヒーローとして精力的に活動を行っています。機械をぶっ壊したような超攻撃的なエレクトロサウンドを駆使したダブステップをやっており、尖ったノイジーなサウンドやドリーミーで浮遊感漂うサウンドを予測不能に構築したサウンドが特徴。ノリが良くて自然と体が動くようなグルーヴ感が心地良いです。基本的に激しいくせに、妙なポップさと親しみやすさを持っているのが憎いところ。反復される電子サウンドに脳が浸食され、強力な中毒性に苛まれます。

<収録曲>
1. Right In
2. Bangarang (feat. Sirah)
3. Breakin' A Sweat (Skrillex & The Doors)
4. The Devil's Den (Skrillex & Wolfgang Gartner)
5. Right On Time (Skrillex, 12th Planet & Kill The Noise)
6. Kyoto (feat. Sirah)
7. Summit (feat. Ellie Goulding)


<オススメの曲>
1. Right In
2. Bangarang (feat. Sirah)
4. The Devil's Den (Skrillex & Wolfgang Gartner)
6. Kyoto (feat. Sirah)

#1はイントロのノリの良い軽快な電子音フレーズが非常に印象的な曲。その後もグルーヴィーな展開に心躍らずにいられません。生楽器にはなかなか出せないタイプの独特のグルーヴ感がたまらん。
#2もやはりグルーヴ感が凄まじい曲。ぶっ壊れた機械のような音が生きているかのような躍動感を持って襲い掛かってきます。
#4はなんだかポップな印象を受ける曲。メインのフレーズがやたらキャッチ―で耳に残ります。底から完全にバグったゲームのような音にシフトチェンジし、攻撃的な展開に。それでもやっぱり基本はノリの良い感じなので、聞き苦しくもなくさらっと聴けます。
#6は比較的遅めのテンポの曲。それでもやっぱりグルーヴ感は凄く、破壊的な電子音の響きも素晴らしいです。途中で妙にエキゾチックなメロディが出てくるところが超好き。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1295-a7241eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。