EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GALLOGLASS 「HEAVENSEEKER」
GALLOGLASS 「HEAVENSEEKER」

Galloglass Heavenseeker

ドイツ出身のメロディックパワーメタルバンド、GALLOGLASSの2作目。2005年発表。いかにもジャーマンメタルな力強い疾走リフと勇壮なメロディ、適度にシンフォニックなKeyの装飾、さらにはクワイヤやらヴァイオリンやらが顔を出し、その手のサウンドが好きな人にはたまらないクサメタルをやっております。愚直に疾走を続ける姿勢が非常に微笑ましく、漢臭さと爽やかさとの適度なバランスも素敵。Voもしっかりとしたハイトーンで、安心して聴けるタイプです。強烈な個性があるというかというとそうでもありませんが、楽曲の一つ一つがとても丁寧に作りこまれていてとても好感触。メタルに対する愛が感じられて、メタラーなら自然と応援したくなるようなサウンドを出しています。

<収録曲>
1. Burden Of Grief
2. After Forever
3. Perished In Flames
4. Dawn Of A New Age
5. Banished From Eternity
6. At The Shadowcross
7. To Kneel Is To Suffer
8. Heavenseeker
9. Signs
10. Beyond The Mirror
11. Kings Who Die


<オススメの曲>
1. Burden Of Grief
2. After Forever
4. Dawn Of A New Age
6. At The Shadowcross
9. Signs

#1からもうジャーマンメタルのお手本のような疾走曲。パワフルなリフが元気に駆け抜けていき、勇壮でクッサいサビが力強く響き渡ります。うっすらと奏でられるヴァイオリンの音色も良いね。
#2はヴァイオリンがやたら活躍する曲。無駄に壮大な感じが素敵。
そしてクサメロ大爆発な#4が本作で一番のキラーチューン。イントロの時点で既に悶絶級のクサさを誇るのですが、朗らかで明るいサビメロでさらにノックアウトされます。クワイヤのコーラスがたまらん。ピロピロのギターソロもたまらん。
#6はやたらリフが勇壮な曲。そんな中でシンフォニックに響き渡るKeyも勇壮さをさらに増幅させていて、なんか「いざ出陣!」みたいな雰囲気で良いな。サビになるとちょっぴり哀愁が漂うあたりもGood。
#6はイントロ部分がやたら爽やかなのですが、サビになるとヴァイオリンが舞って爽やか度がさらにアップ。勇壮さと優雅さとの組み合わせが良い。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1301-d86f2cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。