EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEAVES' EYES 「MEREDEAD」
LEAVES' EYES 「MEREDEAD」

Leaves' Eyes Meredead

ドイツ出身のシンフォニック系ゴシックメタルバンド、リーヴズ・アイズの4作目。2011年発表。ドイツ出身ながらもどことなく北欧風味なサウンドが特徴です。音作り自体はわりかしヘヴィなのですが、フォーク/トラッドの要素も多分に取り入れたシンフォニックなサウンドがそれを上手く和らげているという印象。荘厳で崇高な雰囲気も漂う中、リヴ・クリスティンの可憐で美しいソプラノヴォイスが心地よく響きます。ちょいちょい入ってくる大仰なクワイヤも幻想的な雰囲気を増してて良いな。前作ではヴァイキングっぽいサウンドがかなり大々的に取り入れられていましたが、今作では民謡やケルトティックなメロディが中心で、前作もなかなか好きでしたが個人的にはこっちの方がさらに好みかも。作品重ねるごとにちょっとずつ俺の好みに近付いてくるなぁ。

<収録曲>
1. Spirits' Masquerade
2. Etain
3. Velvet Heart
4. Krakevisa
5. To France
6. Meredead
7. Sigrlinn
8. Mine Taror er ei Grimme
9. Empty Horizon
10. Veritas
11. Nystev
12. Tell-Tale Eyes
13. Sorhleod


<オススメの曲>
1. Spirits' Masquerade
3. Velvet Heart
5. To France(→PV)
7. Sigrlinn
11. Nystev

#1はいきなりクワイヤで始まる荘厳な曲。ちょっとしたらすぐにケルティックな音色が陽気に響き渡りますが、すぐにまた緊迫したサウンドに戻ります。ケルト風味とゴシック風味がうまいことブレンドされててとても良い感じの曲。
♯3は弦楽器が優雅に響き渡るフォーキッシュな曲。音はゴシカルで荘厳なのに、メロディはとてもふわっと幻想的で柔らかなのが印象的です。リヴの歌声もこういう幻想的な曲には良く合ってて素晴らしい。
#5はパイプの音色で幕を開けるこれまたケルティックな曲。重厚なギターリフと、それを激しいと感じさせない優しげなメロディとの組み合わせがたまりません。
#7はアコギをバックにした素朴な曲かと思いきや、意外にも勇壮な展開を見せる曲。デスヴォイスまで登場し、ドラマティックに展開していきます。
#11は緩急の付け方が印象的な曲。疾走する弦楽器の音色がとても良いです。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1305-3a4707af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。