EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FFERYLLT 「DANCE OF DRUIDS」
FFERYLLT 「DANCE OF DRUIDS」

Fferyllt Dance Of Druids

ロシア出身のフォークメタルバンド、FFERYLLTの1作目。2009年発表。土着的なメロディでミドルテンポ気味に展開するフォークメタルをやっています。フィドルや笛などの民族楽器もふんだんに使用されており、意外としっかりしたメタルサウンドの中を優雅に舞い踊ります。Voは男女ツインVoで、男性はだみ声気味のデスヴォイス、女性は綺麗なソプラノという構成。登場頻度は半々くらいで、お互い良い具合にアクセントになって引き立てあっています。

<収録曲>
1. A Celtic Tale
2. Night Of The Woodgod
3. Following Skadi
4. Dance Of Druids
5. Autumn's Gold
6. Warriors Of Ireland
7. Jule
8. Winds Of Trondheimsfjorden
9. Gjallarhorn
10. Lai Lai Hei
11. Inis Mona


#10ENSIFERUM#11ELUVEITIEのカヴァー。

<オススメの曲>
2. Night Of The Woodgod
3. Following Skadi
6. Warriors Of Ireland

イントロ#1に続く#2はいかにも過ぎるフォークメタルチューン。比較的静か目なイントロにバグパイプが加わっていき、だみ声シャウトと共に一気に陽気なムードへと展開。フィドルと笛が楽しく舞い踊り、ソプラノヴォイスが優雅に響き渡ります。
♯3はちょっとずつちょっとずつ盛り上がっていくドラマティックな曲。どんどん壮大なスケールになっていく展開が好き。
#6も出だしはかなり静かですが、途中で一気に勇壮になっていく曲。ちょっぴりヒロイックなリフやメロディが秀逸で、そこにのる女性ソプラノが妙に民謡っぽい雰囲気で好きです。
カヴァー曲の#10#11はかなり原曲に忠実で、原曲の良さを再認識させられました。とりあえずカヴァー曲のチョイスが素晴らしい。

オススメ度…78点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1321-21e82e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。