EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AMORPHIS 「ECLIPSE」
AMORPHIS 「ECLIPSE」

Amorphis Eclipse

フィンランド出身の慟哭メタルバンド、アモルフィスの7作目。2006年発表。元々は土着的なメロディを取り入れたメロデスっぽい音楽をやっていた彼らですが、だんだんと音楽性を変化させ、今ではメランコリックなメロディを基調とした、フォーク/トラッドゴシック、はたまたメロデスなんかを色々と混ぜ込んだ独自のメタルサウンドを作り上げています。軽々しくジャンルでくくれないようなその音楽性がとにかく素晴らしく、陰鬱なメロディにのせて感情を爆発させるような慟哭のメタルサウンド。従来のメタルらしいリフとモダンな感触との融合も見事で、メロディアスにエモーショナルに陰鬱なメロディをぶちまけてくれます。音自体は意外と荒々しいのに圧倒的哀しみがそれを支配し尽くしているというのが凄い。そして今作からVoがトミ・ヨーツセンに代わっているのですが、深みのある迫力満点のデスヴォイスと切ないクリーンヴォイスを器用に使いこなせる逸材で、このバンドの慟哭サウンドにまさにドンピシャの人選。この人選によってバンドに奇跡的な化学反応が起こり、この作品から一気に孤高の存在へと上り詰めたといっても過言ではありません。

<収録曲>
1. Two Moons
2. House Of Sleep
3. Leaves Scar
4. Born From Fire
5. Under A Soil And Black Stone
6. Perkele (The God Of Fire)
7. The Smoke
8. Same Flesh
9. Brother Moon
10. Empty Opening
11. Stone Woman


<オススメの曲>
1. Two Moons
2. House Of Sleep
3. Leaves Scar
4. Born From Fire
5. Under A Soil And Black Stone
7. The Smoke
9. Brother Moon

#1はエスニックなKeyメロからアグレッシヴなリフが展開する曲。ただ、サビに進むにつれ一気にメランコリック度が増し、何とも言えない哀愁と切なさが胸を締め付けます。
#2はイントロからもう狂おしいほどの哀愁がッ!素晴らしすぎるッ!もうとにかく切なくて悲しくて哀しくて…。サビのクリーンヴォイスもあまりにもメロディアスでエモーショナル。女性Voがさりげなく絡み付いてくるのも素敵。
♯3も激しいのにどこか陰鬱なメロディがたまらない。ここで今作初めてのデスヴォイスが出てくるのですが、迫力満点過ぎて感動するしかない。これぞ慟哭メタル。
#4も土着的なメロディを中心に展開するメランコリックチューン。
ピアノの音色で幕を開ける#5は比較的しっとりとした曲。メロディがとても美しいです。儚いです。
そして今作一の悶絶キラーチューンは#7!メランコリックで美しいピアノで幕を開け、ギターリフが土着的なメロディを掻き鳴らし、そこに哀しげなクリーンヴォイスが登場!この時点で既に悶絶モノです。そしてそのまま感情を一気に大爆発させるサビに突入するわけですが、その咆哮が上がった瞬間にもう完全に昇天。なんだこれ切なすぎる!これぞ慟哭メタルの神髄!
#9はトラッド風味のメロディで幕を開けますが、そのあとはやっぱりメランコリックなメロディへと展開。ギターのメロディが哀愁漂わせすぎていてヤバい。何がやばいって、悶絶しすぎて俺の体力がヤバい。

オススメ度…99点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1340-f07f46d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。