EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE HIGHER 「IT'S ONLY NATURAL」
THE HIGHER 「IT'S ONLY NATURAL」

The Higher It's Only Natural

米国出身のポップパンクバンド、ザ・ハイヤーの3作目。2009年発表。全体的に爽やかーな感じのポップパンクをやっているのですが、その爽やかさの裏にどことなーく哀愁が秘められているのがとても好き。曲調はやたらダンサブルなノリのものが多く、楽しくノレる楽曲が多いです。メランコリックなのに楽しくて爽やかでノリノリというとアンバランスな感じがしてしまうかもしれませんが、実際そうなんだから仕方がない。メンバーが結構いろんなジャンルから影響を受けているらしいので、それがこういった不思議な多様性に繋がってくるのかな。

<収録曲>
1. Try Again
2. Other Options
3. Undertaker
4. It's Only Natural
5. Story Of A Man Obsessed
6. The (Runaway) Artist
7. Play With Fire
8. Burn And Turn
9. The Black Dress
10. Beautiful Coffins
11. Scandalous
12. Closer


<オススメの曲>
1. Try Again
4. It's Only Natural(→PV)
5. Story Of A Man Obsessed
7. Play With Fire

軽快に幕を開けるアルバム冒頭の#1は、明るいながらもちょっぴり憂いを携えた曲。ちょっぴり湿った感じの音を出すKeyも良い味を出しており、サビでは絶妙な哀愁を漂わせてくれます。
軽快なパーカッションと爽やかなディスコ風味のKeyで始まる#4はこの作品一番のキラーチューン!ノリノリの楽しいリズム感と、キャッチ―ながらもどこか憂いを含んだメロディ、サビに漂う極上の哀愁というコンボがたまりません。
#5はダンサブルでノリノリなリズムを刻む曲。サビのリフの楽しそうに跳ねる感じと、そっから一気に哀メロに持っていく展開が良い。
#7は最初っから哀愁MAX!アコギによる軽快なリフから、サビにかけてどんどん切ないメロディに代わっていく感じが超ツボ。
ちなみに最後の#12Ne-Yoのカヴァー。演奏がバンドサウンドになってるわりには原曲に忠実です。このバンドの哀愁サウンドには良く合っていてなかなか良いのではないかと。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1341-3e68d191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。