EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
oOoOO 「oOoOO」
oOoOO 「oOoOO」

oOoOO oOoOO

米国サンフランシスコ出身のウィッチハウス系エレクトロアーティスト、oOoOOのEP。2010年発表。バンド名はこれで「オー」と読むのだそうです。ウィッチハウスはポストダブステップと呼ばれたりもする、チルウェイヴに似たようなサウンドのジャンルで、ゴシカルでオカルティックな音が渦巻く独特のエレクトロサウンド。このオーはそんなウィッチハウスの中でも代表的なアーティストなのだそうで、メロウで陰鬱なエレクトロサウンドを幻想的、そして神秘的に響かせてくれます。空間的な音使いが狂気的というよりはホラーチックな不気味さを持っており、精神にそのままダイレクトに攻撃を仕掛けてくるような気持ち悪さが心地よかったり。このジャンルに関してはあまり詳しくないので偉そうなことは語れませんが、精神を蝕むような陰鬱さをもった曲が好きな人ならば試してみる価値はあるのではないかと。

<収録曲>
1. Mumbai
2. Burnout Eyess
3. Sedsumting
4. Hearts
5. Plains Is Hot
6. Burnout Eyess (Vision of Trees Remi


<オススメの曲>
2. Burnout Eyess
3. Sedsumting
5. Plains Is Hot

不気味なノイズが響きイントロ#1に続く#2は、とってもメロウで陰鬱な曲。幻想的なシンセの中にミョンミョンとした電子音が響き、薄いメロディを儚く女性の声が歌い上げます。とても穏やかなのですが、心の真ん中にぽっかりと穴が開いたような虚無感が伝わってくるのが不思議な感覚。聴いているとなんだか不安な気持ちになれます。
#3は淡々と電子音が繰り返される不穏な曲。前半はそれなりにいろんな音が鳴っているのですが、途中でふっとそれが消える瞬間の寂しい感じが好きです。でもちょっと恐いです。
#5もメロウなメロディの静かな曲。女性Voの声がやはり儚く、うっすらとしたメロディには不思議な叙情性があります。癒し系のアンビエントソングに聴こえなくもないのですが、やはり独特の不穏な空気が漂っており、聴いていると心が落ち着かない。静かな曲なのに落ち着かないって凄いよね。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1348-589c4c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。