EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SIGH 「IN SOMNIPHOBIA」
SIGH 「IN SOMNIPHOBIA」

Sigh In Somniphobia

海外先行で活躍する日本のブラックメタルバンド、サイの9作目。2012年発表。前々作では派手なオーケストレーションをふんだんに使ったシンフォニックブラックをやっており、前作はそこに金管楽器なんかを取り入れてレトロ軍歌っぽい雰囲気に仕立てあげた独特のシンフォブラックをやっていましたが、今作ではその路線を踏襲しつつもかなりの方向転換をかましてきました。様々な要素を詰め込んだアヴァンギャルドな展開が特に耳を引き、ヒロイックに疾走したり、ムーディーに落ち着いてみたりと先の読めない多彩な展開がとても印象的。過激でありながらもメロディ自体の美しさが秀でており、ブラックメタル好き以外にもアプローチできるんじゃないかというような作品に仕上がっています。Voの喚き声はいかにも日本人っぽい感じですが、慣れればそこまで気にならないクオリティ。

<収録曲>
1. Purgatorium
2. The Transfiguration Fear
3. Opening Theme: Lucid Nightmare
4. Somniphobia
5. L'excommunication A Minuit
6. Amnesia
7. Far Beneath The In-Between
8. Amongst The Phantoms Of Abandoned Tumbrils
9. Ending Theme: Continuum
10. Fall To The Thrall
11. Equale


<オススメの曲>
1. Purgatorium
2. The Transfiguration Fear
5. L'excommunication A Minuit
8. Amongst The Phantoms Of Abandoned Tumbrils
10. Fall To The Thrall
11. Equale

#1は疾走感の心地よいとてもストレートなキラーチューン。メロディが独特のクサさを持っており、そこに加わる適度にシンフォニックな装飾が心地よいです。
#2はちょっとトライバルなポコポコとしたパーカッションで幕を開ける曲。メロディがとにかくヒロイックでクサいのがたまりません。コーラスもやたら勇壮だし、ギターメロディもエモーショナルだし、楽しげな手拍子も素敵。弾きまくりのKeyソロとか、落ち着いた感じのサックスソロとかが多彩に展開していく様子もたまりません。
#5は独特のリフが縦横無尽に展開する曲。独特の明るさでコミカルに展開していく様がとてもおもしろいです。
#8はゆったりとムーディーに始まりますが、途中からダークな雰囲気をまとって疾走しだすメロディアスな曲。派手な金管楽器なんかは前作を彷彿とさせますが、展開がかなり多彩でアヴァンギャルドな仕様となっています。その展開の多彩さ故か、9分もあるのに全く飽きなません。
荒々しいリフでゴリゴリと疾走する#10も素晴らしい曲。荒々しさの中に芯の通ったメロディがしっかりと存在してるのが良い。ピアノでしっとりする瞬間なんかもあって、緩急も良い感じです。
#11は派手になったりめっちゃ静かになったりと全く先の読めない曲。一つ一つの瞬間にそれぞれの魅力があり、わくわくしながら次の展開を待つことが出来ます。
最初の二曲以外は即効性という点では前作に劣るのですが、クオリティ自体はやはり圧倒的に高いです。色んな展開が詰め込まれている分、長く楽しめるような作品になっているのではないかと。

オススメ度…91点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1365-e6ec5d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。