EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LUNKHEAD 「青に染まる白」
LUNKHEAD 「青に染まる白」

Lunkhead 青に染まる白

日本のロックバンド、ランクヘッドの8作目。2012年発表。ギター2本とベースとドラムという昔ながらのシンプルなバンド編成でクールなサウンドを響かせています。音作りに関してはいかにも"J-Rock"って感じの印象を受けるバンドなのですが、どことなくハードロックに通じるような部分も感じ取れたりするあたりがわりかし好みだったり。全体的に憂いを含んだような暗い雰囲気が漂っていながらも、どこかポップさを持ち合わせたロックをやっています。演奏もしっかりしてるし、Voも哀愁漂わせる良い声。

<収録曲>
1. 濃藍
2. 十六夜の月の道
3. 果てしなく白に近づきたい青
4. 潮騒
5. 冷たい部屋
6. 群青の降る夜
7. 泡沫
8. 無限光
9. みゆき
10. 未来は今ここに
11. 明日


<オススメの曲>
1. 濃藍
3. 果てしなく白に近づきたい青(→Short PV)
4. 潮騒

とりあえず#1が個人的にあまりにもツボ過ぎてヤバい。群を抜いて好きです。比較的荒々しい演奏でワイルドに始まるのですが、メロディラインがやたら憂いを含んでおり、サビに入った瞬間の哀愁っぷりも素晴らしい。ハードロック張りのクールなギターソロから再び哀愁のサビに繋がる瞬間に悶絶。
まぁ個人的には#1が圧倒的過ぎてどうしても他の印象は薄くなってしまうんですが、比較的ポップでやはりサビに哀愁漂う♯3とか、擦れたギターリフが印象的な#4あたりも好きかな。

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1377-c09c313d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。