EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VAURA 「SELENELION」
VAURA 「SELENELION」

Vaura Selenelion

米国出身のポストブラックメタルバンド、VAURAの1作目。2012年発表。ポストロック風味の淡く儚い美旋律と、ちょっと不気味でおどろおどろしいサウンドが絶妙に鬩ぎ合う、独特の世界観が特徴です。幻想的かつ空間的な掴みどころのないサウンドの中に、サイケデリックだったりアヴァンギャルドな風味だったりする凶暴なサウンドが内包されており、狂気を優しさで包んだような不思議な感覚が素敵。ブラックメタル的な激しいパートもわりとあったりするものの、あまりその激しさが牙を向いて迫ってくることは無く、どこか遠い世界で起こっている出来事のように感じてしまいます。Voは喚き声とホラーチックな怪しい声、そして美しいクリーンヴォイスの3種類が上手いこと配されている感じ。先の読めない展開はプログレ的なものも感じさせ、そのわりには難解という言葉とはまたちょっと違うという印象だったり。

<収録曲>
1. Souvenirs
2. Drachma
3. The Emanation
4. En/Soph
5. Relics
6. Obsidian Damascene Sun
7. The Uncreated Light (Transfiguration)
8. Column's Vein
9. Vanth
10. Selenelion
11. The Zahir


<オススメの曲>
1. Souvenirs
2. Drachma
4. En/Soph
6. Obsidian Damascene Sun
10. Selenelion
11. The Zahir

とりあえず#1のイントロからいきなり儚い。チリチリとしたエレキサウンドが優しく美しく紡ぎ出されるのですが、そこにまずのっかってくるのは憎しみを感じさせるような喚き声です。途中で美しいクリーンヴォイスも喚き声と交互に登場。その二つの声の対比がとても良い。
♯2は不気味さと美しさの間で揺れ動く曲。Voのホラーチックな声が不穏な空気を醸し出しています。
#4は淡々としたドラムと儚いギターサウンドをバックにVoの優しい歌声が響くロマンティックな曲かと思いきや、中盤で唐突にやたらメタリックなリフが響き渡る曲。プログレ的な要素がとても強く、緊張した空気が漂います。
#6はおどろおどろしく不穏なメロディがとても印象的。ブラックメタルっぽいダークな雰囲気がとてもツボです。終盤ではドロドロとしたリフやグルーヴィーな展開も待っており、さらにはホラーチックで不気味なメロディにゾクゾクすること間違いなし。
アコギの音が神秘的に響く#10はとても静かでフォーキッシュな曲。Voの声もどこか神々しく、この世のものではないような不思議な感覚を受けます。
#11はポストロック的なサウンドからどんどんリフが狂っていく曲。美しかったサウンドがだんだんと狂気を帯びて壊れていく過程にとてもゾクゾクします。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1384-789d6740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。