EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ZERO DEGREE 「SURREAL WORLD」
ZERO DEGREE 「SURREAL WORLD」

Zero Degree Surreal World

ドイツ出身のメロディックデスメタルバンド、ゼロ・ディグリーの1作目。2010年発表。ダーク・トランキュリティーの慟哭メロディと初期イン・フレイムスの叙情性とを併せ持ったような、泣きのツインギターでぐいぐい引っ張っていくタイプのサウンドが特徴です。音の質感的にはわりとモダンな印象も受けるのですが、メロディ自体は超正統派なメタル精神に則ったメロデス。多少はクリーンヴォイスも出てきたりはするものの、それに頼りきったりせず、基本的に深みのある慟哭系デスヴォイスがずっと頑張っているのが好印象だったり。

<収録曲>
1. The Door To The Unknown
2. Tomorrow Dies Today
3. Frozen Alive
4. The Storm And The Silence
5. Grapes Of Wrath
6. Whispering Age
7. Virus
8. Disease
9. Surreal World
10. Where Angels Die
11. The Fog


<オススメの曲>
2. Tomorrow Dies Today
3. Frozen Alive
4. The Storm And The Silence
7. Virus
9. Surreal World

渋い叙情メロがこれでもかとばかりに響き渡るイントロ#1に続く#2は、メロディアスさと攻撃性を兼ね揃えた秀曲。メロいツインギターがやりたい放題弾きまくりです。
♯3はアグレッシヴにドタバタするドラムが前面に押し出されていますが、その後ろで鳴り響いているのはやはり圧倒的な叙情メロ。サビでの慟哭系のデスヴォイスや、絡み合うツインギターソロなど要所要所が素晴らしいです。
もはやクサメロレベルの叙情メロを見せつけてくる♯4は個人的にこのアルバム一番のお気に入り。ドラマティックに絡み合っていくギターメロにただただ感心するばかりです。
#7はかなりアグレッシヴに疾走していく曲。自然とヘドバンしたくなるような激しさと、やはりツインギターの生み出す叙情性がたまりません。
#9も激しいリフの中に顔を出す叙情メロにやはりどうしても耳が行ってしまう曲。哀しさを感じさせるレベルの扇情力が素敵。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1386-0d1ed63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。