EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
XORIGIN 「STATE OF THE ART」
XORIGIN 「STATE OF THE ART」

Xorigin State Of The Art

米国を拠点とするメロディアスハードロックバンド、エックスオリジンの1作目。2011年発表。ジャーニーTOTOあたりのAOR系に通じる爽快感抜群のメロディアスハードをやっていおり、非常に充実したメロディが次々と心地よく広がっていきます。北欧風味のウェットな哀愁を根底に持ちながらも、そこにアメリカンな爽やかさが加わっているという印象。透き通るような綺麗なメロディがたまりません。Voの歌声はとても伸びやかかつ柔らかで、こういったメロハーを歌うにはぴったりの声質。全体的に似た系統の曲でまとめられているので単調と言えば単調かもしれませんが、一つ一つをとってみれば充実のメロディがぎっしりと詰め込まれています。

<収録曲>
1. Can't Keep Running
2. Crying For You
3. In The Blink Of An Eye
4. Too Late
5. Gina
6. This Is It
7. The One For Me
8. Said And Done
9. Matters To The Heart
10. What Love Is All About
11. Mend My Heart


<オススメの曲>
1. Can't Keep Running
2. Crying For You
3. In The Blink Of An Eye
7. The One For Me
10. What Love Is All About

冒頭の#1からもう全力で爽やか。特にサビで一気に広がっていくような感覚がとてつもなく心地よいです。
♯2はちょっと湿り気を帯びたような憂いを含んだメロディが素敵。ひんやりとしたKeyが良い味出しています。
ゆったりとした♯3は心温まる優しいメロディが印象的な曲。コーラスがとても優しげで良いな。
#7は比較的明るめなメロディがこれまた優しく響き渡る曲。柔らかな印象のサビメロと、その後ろで綺麗にハーモニーを紡ぎ出すギターサウンドが素晴らしいです。
#10はアップテンポでとてもキャッチーな曲。弾むようなリズムに爽快なメロディがのっかっていきます。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1393-d8432b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。