EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WATAIN 「SWORN TO THE DARK」
WATAIN 「SWORN TO THE DARK」

Watain Sworn To The Dark

スウェーデン出身のブラックメタルバンド、ヴォータンの3作目。2007年発表。無慈悲なブラストと攻撃的なリフで攻め立てるファストブラックをやっているのですが、メロディックブラックとも言えそうな邪悪で叙情的なメロディも兼ね揃えているのが特徴です。多彩なリズムワークやリフワークによる先の読めない展開もとても興味深く、即効性と聴き込み要素が共存している贅沢なサウンド。Voは憎しみにまみれた悲痛な絶叫を轟かせており、邪悪な雰囲気をさらに増幅しています。

<収録曲>
1. Legions of the Black Light
2. Satan's Hunger
3. Withershins
4. Storm of the Antichrist
5. Light That Burns the Sun
6. Sworn to the Dark
7. Underneath the Cenotaph
8. Serpents Chalice
9. Darkness and Death
10. Dead But Dreaming
11. Stellarvore


<オススメの曲>
1. Legions of the Black Light
2. Satan's Hunger
4. Storm of the Antichrist
7. Underneath the Cenotaph
9. Darkness and Death

イントロの叙情的なトレモロリフが不穏な空気を醸し出す#1は、いきなり8分超えというボリュームたっぷりの曲。過激なリフが邪悪に響き渡り、憎悪にまみれたVoがこれでもかとばかりに轟く強烈なサウンドです。ブラストをかましたりメロディアスになったり変拍子を見せつけてきたりと、最後まで気の抜けない素晴らしい曲。ドラマティックなギターソロも良いわぁ。
♯2は邪悪なリフが派手に炸裂する曲。バスドラを二連で淡々と踏み続けるリズムが妙に印象的です。
叙情的なリフと高速ブラストを絡めながら過激に疾走する#4は今作一番のキラーチューン。速いながらもメロディアスなパートや、スピードをぐっと抑えつつ邪悪さを前面に押し出してくるパート、そして不穏なメロディを掻き鳴らしまくるパートなど、めぐるましく展開するサウンドに高揚感が抑えられません。
哀しげでドラマティックなフレーズでゆっくりと幕を開ける#7は、小刻みなリフが高速で掻き鳴らされるファストパートに突入する瞬間が超絶カッコ良い。スラッシュメタルもびっくりの高速リフにただただ悶絶。
Voの邪悪な咆哮がピカイチの#9は、心の底から湧き上がってくるような憎しみを感じることが出来る曲。終始吠えまくる強烈ながなり声がたまりません。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1397-ff8e253e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。