EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WARBRINGER 「WORLDS TORN ASUNDER」
WARBRINGER 「WORLDS TORN ASUNDER」

Warbringer Worlds Torn Asunder

米国出身のスラッシュメタルバンド、ウォーブリンガーの3作目。2011年発表。切れ味のよいザックリとしたリフで駆け回る、若手らしい元気いっぱいのスラッシュメタルをやっております。リフのキャッチーさがとにかく素晴らしく、攻撃性と親しみやすさを兼ね揃えたパワフルなサウンドがとにかく魅力的。緩急とメリハリがしっかりついており、流れるようなギターソロや手数足数の多いドラミングなど聴きどころもたっぷりなのが素晴らしいね。Voは力強い吐き捨て型で、アグレッシヴなサウンドに負けない元気いっぱいな吐き捨てっぷりです。

<収録曲>
1. Living Weapon
2. Shattered Like Glass
3. Wake Up... Destroy
4. Future Ages Gone
5. Savagery
6. Treacherous Tongue
7. Echoes From The Void
8. Enemies Of The State
9. Behind The Veils Of Night
10. Demonic Ecstasy


<オススメの曲>
1. Living Weapon
2. Shattered Like Glass
4. Future Ages Gone
6. Treacherous Tongue
8. Enemies Of The State

今作の中でも群を抜いて素晴らしいのが#1。圧倒的にグルーヴィーなイントロの時点でテンションはダダ上がりし、その後の怒涛の勢いで疾走するリフワークにもひたすら悶絶です。リ!ヴィ!ング!ウェ!ポン!のシャウトは思わず一緒に叫びたくなるほどにキャッチ。中盤のバキバキ響くベースから再びグルーヴィーな展開へと雪崩れ込み、更には一心不乱に弾きまくるギターソロに入る瞬間とかマジ鳥肌。
重低音バキバキで幕を開ける♯2はミドルテンポ気味の荒々しい曲。Voのブチ切れシャウトが良い!
#4はメロディアスなリフでごり押しするちょっと変わった曲。しっかりスラッシュしているのですが、反復されるリフが抒情性を孕んだメロいリフなのでとても不思議な感じがしてしまいます。
細かく刻む高速リフから金物連打に繋がる#6はやりたい放題の楽しい曲。たった2分半の曲なのにめぐるましく展開します。
#8は好き放題暴れまわる疾走チューン。デスメタルばりの迫力ある疾走パートと、ドロドロとした超スローパートとの対比が印象的です。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1398-1427d8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。