EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TYRANT 「GRIMOIRES」
TYRANT 「GRIMOIRES」

Tyrant Grimoires

日本出身のシンフォニックブラックメタルバンド、タイラントの3作目。2005年発表。荘厳で煌びやかなクレイドル・オブ・フィルスタイプのブラックメタルをやっております。基本的に暴虐な疾走を中心とした荒々しい曲作りなのですが、国産メタルらしくメロディラインがとても明確なので、ブラックメタルにしては比較的聞きやすいという印象。ゴシカルな要素やホラーチックな雰囲気などがふんだんに取り入れられており、全体的にかなりぼやっとした幻想的なオーラに包まれています。Keyや弦楽器がうっすらと霞がかったような音作りなのも幻想的に聴こえる一つの要因かな。クラシカルな旋律とたまに登場するヒロイックなメロディとの組み合わせがとても素敵。

<収録曲>
1.Initiation
2.Devil's Pact
3.Fallen Angel Of Plague
4.Bell, Book And Candle
5.Rebellion Part I
6.Riding The Breeze
7.Rebellion Part II
8.Thy Night Queen Hecate
9.Woe, Ruin And Death
10.Babylon, The Great
11.Prophecy Of Lucifer
12.Rebirth Of Old Serpent
13.Only The Moon Knows


<オススメの曲>
2.Devil's Pact
3.Fallen Angel Of Plague
5.Rebellion Part I
8.Thy Night Queen Hecate
12.Rebirth Of Old Serpent

古びた洋館あたりを思い浮かべそうなホラー風味のイントロ#1から続く#2は、ワルツのリズムで疾走するクラシカルな曲。不気味で恐怖感を煽るような装飾の中、暴虐サウンドが禍々しく疾走していきます。弦楽器のゆったりとした美旋律と、スタスタと疾走するドラムとのギャップが良い。
#3も怒涛のブラストと比較的ゆっくりなKeyとの組み合わせが良い具合に融合している曲。7分ほどの曲ですが、ドラマティックに纏め上げられいます。
#5はヒロイックに疾走する曲。荒々しさが前面に押し出されています。低音ヴォイスと喚き声とのコンビネーションもGood。
#8は中世ヨーロッパあたりの雰囲気を醸し出すホラーチックなKeyが印象的。邪悪に疾走しまくる中で一際映える叙情的なギターメロも素晴らしいです。
#12は悲壮感漂うイントロで幕を開けるくせに、途中からやたらヒロイックなメロディで疾走しまくる曲。10分弱の長い曲ですが、手を変え品を変えでクサいメロディが次々と飛び出てくるので最後まで一気に聴き通せます。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1403-e191731c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。