EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANNIHILATOR 「ANNIHILATOR」
ANNIHILATOR 「ANNIHILATOR」

Annihilator Annihilator

カナダ出身のベテランスラッシュメタルバンド、アナイアレイターの13作目。2010年発表。Jeff Waters<G>のほぼワンマンバンドという態を為しており、メンバーがコロコロと変わっていく流動的なバンドですが、基本的にはJeffがテクニカルなリフやソロを量産していればそれは紛れもないアナイアレイターなので特に問題はありません。今作では引き続きDave PaddenがVoをとっており、特に秀でているというわけでは無いのですが安定した歌唱を提供してくれています。前作はゲストたっぷりのバラエティ豊かな作品でしたが、今作は変幻自在のテクニカルなソロとリフで縦横無尽に疾走していくといういつものスタイル。彼ららしさをしっかりと出しつつ、パワフルさも兼ね揃えています。

<収録曲>
1. The Trend
2. Coward
3. Ambush
4. Betrayed
5. 25 Seconds
6. Nowhere To Go
7. The Other Side
8. Death In Your Eyes
9. Payback
10. Romeo Delight


#10ヴァン・ヘイレンのカヴァー。

<オススメの曲>
1. The Trend
2. Coward
3. Ambush
8. Death In Your Eyes

#1はスラシュメタルらしさを残しつつも、やたらヒロイックでメロディアスなフレーズが際立つ曲。爽快な疾走感と、弾きまくりのソロプレイに胸が高鳴ります。Voが登場するまでに一体何種類のソロプレイが登場するんだろうというくらいの充実のソロ連発っぷりが素敵。
♯2は荒々しく爆走しまくるいかにもなスラッシュチューン。高速ながらも複雑に展開していくリフワークがとても良いです。サビあたりでリフがちょっとメロディアスさを帯びてくるあたりも超良い。
そして続く#3もさらにアグレッシヴ。この怒涛の展開にはスラッシュ好きとして悶絶せざるを得ません。ザクザクとしたわかりやすいリフと、ギュンギュンに弾きまくるソロプレイとの最強コンボが素晴らしい。
#8はどちらかというとグルーヴ感に重きが置かれていますが、それでも疾走する時はガッツリ疾走を見せてくれるのがさすが。やはりリフワークは多彩で、次はいったいどんなリフが来るのかとわくわくしながら聴くことが出来ます。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1408-2b5687b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。