EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AEROSMITH 「NIGHT IN THE RUTS」
AEROSMITH 「NIGHT IN THE RUTS」

Aerosmith Night In The Ruts

米国出身の超大物ハードロックバンド、エアロスミスの6作目。1979年発表。バンド内部が崩壊寸前で、ジョー・ペリー<G>スティーブン・タイラー<Vo>と一緒にスタジオに入ることを断固拒絶したりと、メンバー同士が一緒に作業することすら困難な状況で製作されたのだそうです。なんとなくエアロらしいサウンドの片鱗は残ってはいるのですが、基本的にとても大人しく纏まっており、今一つパンチ力に欠けた作品となっています。スティーブンはこの頃は完全なヤク中で歌詞をまともに書くことが出来ず、それによって収録曲の三分の一がカヴァー曲という残念な有り様に。この後、ジョーは脱退してしまいました…。

<収録曲>
1. No Surprize
2. Chiquita
3. Remember (Walking in the Sand)
4. Cheese Cake
5. Three Mile Smile
6. Reefer Head Woman
7. Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
8. Think About It
9. Mia


♯3シャングリラス#6ジャズ・ギラム#8ヤードバーズのカヴァー。

<オススメの曲>
1. No Surprize
2. Chiquita
3. Remember (Walking in the Sand)
8. Think About It

#1はさらっと聴ける軽快な曲。そこそこキャッチーで悪くは無い。
このアルバムで敢えて取り上げるならば♯2かな。ラッパが楽しく響き渡る曲で、独特のグルーヴ感も心地良い。中期エアロに通じていくような雰囲気がある楽曲です。
あとは#3#8のカヴァー曲は普通に良い出来かと。

オススメ度…70点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1409-6ae494a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
AEROSMITH「NIGHTINTHERUTS」米国出身の超大物ハードロックバンド、エアロスミスの6作目。1979年発表。バンド内部が崩壊寸前で、ジョー・ペリー<G>はスティーブン・タイラー<Vo>と一緒にスタジオに入ることを断固拒絶したりと、メンバー同士が一緒に作業することすら?...
2012/04/10(火) 20:32:07 | まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。