EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AEROSMITH 「ROCK IN A HARD PLACE」
AEROSMITH 「ROCK IN A HARD PLACE」

Aerosmith Rock In A Hard Place

今やロック界に孤高の地位を築くハードロックバンド、エアロスミスの7作目。1982年発表。バンド内の内部崩壊からジョー・ペリー<G>が前作の途中で脱退してしまい、更にはブラッド・ウィットフォード<G>までもが脱退してしまいました。その後釜としてジミー・クレスポリック・ダフェイを加えて製作された本作ですが、一言でいうと「地味」。正直、物足りなさを感じてしまわずにはいられない作品です。スティーブンの歌唱にも以前のような鬼気迫るようなものも感じられないし、楽曲自体も堅実すぎるという印象。もっとブチ切れた野獣のようなワイルドさが魅力だったはずなのにな。堅実タイプのハードロックとして聴くとそこまで悪くもないのかもしれませんが、わざわざスティーブンに歌わしといてそりゃないぜという感じ。消費者のニーズに応えられているとはとても思えません。

<収録曲>
1. Jailbait
2. Lightning Strikes
3. Bitch's Brew
4. Bolivian Ragamuffin
5. Cry Me a River
6. Prelude to Joanie
7. Joanie's Butterfly
8. Rock in a Hard Place(Cheshire Cat)
9. Jig Is Up
10.Push Comes to Shove


<オススメの曲>
1. Jailbait
4. Bolivian Ragamuffin
8. Rock in a Hard Place(Cheshire Cat)

#1は結構イケイケな感じのロックチューン。ただ、なんだかテンションの高さに嘘くささを感じる。確かにスティーブンだし、結構ぶっ飛んだ感じはするんだけどな。あとちょっと最後がしつこいかも。
#4はイントロのグルーヴ感が非常に良い感じ。その後は比較的ゆったりと進みますが、わりかしエアロらしいハードロックをしていると思います。ソロにいつもと違う違和感を感じるけど、まぁ違う人が弾いてるんだからしょうがない。そこさえ割り切れば良い曲なんじゃないかな。
#8はなんかファンキーな雰囲気の明るい曲。ちょっと脱力感のあるコーラスが印象的です。

オススメ度…71点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1410-a3ccead0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。