EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SVARTBY 「ELEMENTAL TALES」
SVARTBY 「ELEMENTAL TALES」

Svartby Elemental Tales

ロシア出身のヴァイキングメタルバンド、SVARTBYの3作目。2012年発表。フィントロールばりのポルカ風味で楽しいメロディに、さらにジャケのようなメルヘンチックな要素を注入しまくったようなサウンドが特徴です。基本的な音作りはわりとモダンでゴリゴリな感触なのですが、そこにのっかるシンセやアコーディオンがとにかくファンシーでコミカル。弾むようなポコポコとしたパーカッションや、フワフワとしたシンセの音色は妖精が出てきてもおかしくないような雰囲気で、へヴィな音づくりとのアンバランスさがとても面白い感じに仕上がっています。クサいという表現が適切なのかはわかりませんが、クセになる不思議な魅力を持った愉快なメロディが盛りだくさん。11曲で31分というコンパクトさ加減も丁度よく、飽きずに何度も何度も聞きたくなるような作品です。

<収録曲>
1. Impby
2. Scum from Underwater
3. Boulder Massacration
4. Sleepy Devils
5. Mushroom Rings
6. Done with the Wind
7. Ash and Dust
8. Flaming Balls
9. Morning Wood
10. Elemental Tales
11. Imp Slam


<オススメの曲>
2. Scum from Underwater
5. Mushroom Rings
6. Done with the Wind
8. Flaming Balls
9. Morning Wood
10. Elemental Tales

#1は童話の始まりのようなのどか過ぎる可愛いイントロ。
それに続く#2はいきなりのへヴィなリフにびっくりしますが、すぐに可愛い木琴のような音色が転がり始め、ファンシーなシンセが登場。圧倒的なメルヘンワールドが展開していきます。メタルサウンドの方もかなり本格的で、メルヘンな装飾を除いたら普通のメロデスとしても通用しそうな感じ。
#5も踊りたくなるような楽しいメロディが乱舞する曲。適度にシンフォニックなシンフォニックがコミカルに響き渡ります。もうメロディのクサいことクサいこと。
#6も愉快なメロディでゴリゴリと疾走していく曲。アグレッシヴなのにアグレッシヴさを全く感じさせない、メルヘンメロディの真髄を味わうことができます。童話の中の鬱蒼とした森の中がよく似合いそうな曲。
#8も展開がとてもファンシー。木琴みたいな音が後ろでコロコロいってるのと、派手なシンセの民謡メロがたまりません。宴じゃ宴じゃみたいなノリが秀逸過ぎる。
#9はポルカ的なメロディが最高に楽しい。祭りじゃああああ!
#10はメルヘン度がとても高い曲。フワフワとしたシンセの奏でる民謡メロが素晴らしいです。サビメロも激クサの悶絶チューン。

オススメ度…94点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1415-a89cbe8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。