EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DRAGONFORCE 「THE POWER WITHIN」
DRAGONFORCE 「THE POWER WITHIN」

DragonForce The Power Within

英国を拠点とするメロディックハイスピードメタルバンド、ドラゴンフォースの5作目。2012年発表。底抜けに明るくキャッチーなメロディを携え、これでもかとばかりに超速疾走するメロスピが身上です。前作までVoをとっていたZPサートが脱退し、今作からニューシンガーとしてマーク・ハドソンが加入。ZPの細いながらも天まで突き抜けていくかのような爽快なハイトーンが好きだった僕としてはどうなることか非常に不安だったのですが、マークも同じようなハイトーンでほとんど違和感は無く、ドラフォのサウンドの上にのせると全く気にならないレベルの変化でした。むしろZPよりも合っているかも。サウンドの方も安定のドラフォサウンドで、基本的には疾走重視。さらにその中にも今までに無かったようなバラエティ性が増しています。ヴァースからサビまで全てキャッチーという親しみやすさもいつも通りで嬉しい限り。そして今まで7分前後の長尺な曲が多かったのですが、今作では5分弱の曲が大半を占め、比較的コンパクトで聴きやすくなったという印象です。

<収録曲>
1. Holding On
2. Fallen World
3. Cry Thunder
4. Give Me The Night
5. Wings Of Liberty
6. Seasons
7. Heart Of The Storm
8. Die By The Sword
9. Last Man Stands
10. Seasons (acoustic version)
11. Power Of The Ninja Sword


<オススメの曲>
1. Holding On
2. Fallen World
4. Give Me The Night
7. Heart Of The Storm
8. Die By The Sword

冒頭の#1は、ちょっぴりドラマティックに始まったかと思えば、すぐに堪えきれなかったかのように疾走を開始する曲。相変わらず明るいメロディで流麗に疾走していきます。サビのキャッチーさとちょっぴりアジアンテイストなメロディも安心のドラフォ印。
速い曲だらけのドラフォの中でもさらに速い部類に入るんじゃないかという超絶疾走っぷりを見せつけてくる♯2は、やはり安定のピロピロにテンションが爆上がり。速けりゃ良いってもんじゃないのかもしれないけど、速い曲にはやはり男のロマンが詰まっていると思うのです。サビメロでちょっぴり哀愁漂うところもたまらん。いったんテンポを落とした後のピロピロギターソロを聴くと、初めてドラフォを聴いた中二のあの頃を思い出さずにはいられません。
#4はちょっぴりダークでパワフルな印象の曲。まぁやっぱり疾走曲なんだけどね!そしてサビでは爽やかに明るくなるんだけどね!
#7でもやはり安定のピロピロ。「お前らドラフォが帰ってきたぜ!こういうメロディで疾走しまくればお前ら悶えるんだろ?」ってくらいのドラフォサウンド。そうです、こういう曲が好きなんです。やはりサビの哀愁に完全に悶えてしまう。
#8は速いながらも一風変わったメロディが素晴らしく魅力的。なんだろう、このクサメロは。ちょっと変わったテイストを感じるんだけど、なんか和風な感じなのかなこれは。とにかくやたらヒロイックで身悶えが止まりません。まぁ一言で表すと"ダサい"ってことなんですが、それがたまらんのです。途中で無駄にドラマティックに展開なんかしちゃって、いつものドラフォとは違ったとこを見せつけてこようという姿勢も良いんじゃないかな。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1419-9166bfb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。