EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OVERKILL 「IRONBOUND」
OVERKILL 「IRONBOUND」

Overkill Ironbound

米国出身のスラッシュメタルバンド、オーヴァーキルの15作目。2010年発表。ザックザクのギターリフとバッキバキのベースとの組み合わせが素晴らしい、攻撃的な突撃型スラッシュメタルをやっているベテランバンドです。今作ではシンプルなリフを組み合わせた初期に近いエネルギッシュなサウンドになっており、メタル好きなら血が騒がずにはいられない熱い熱いサウンドになっています。これでもかと言わんばかりのアグレッションを纏ってザクザクと疾走を重ねるかと思いきや、ずっしり構えてグルーヴィーに展開してみたりと、静と動の対比を絶妙に見せつけてくるあたりにベテランらしい一面も。ザクザクとしたクランチ―なリフを主体としながら、所々にメロディアスな側面が垣間見えるのも魅力的です。Voのブリッツはもう50歳を超えているというのにヒステリックなシャウトを連発しまくっており、声の持つ歳相応の渋さと年齢に似つかわしくない若々しいキレっぷりとがうまいことミックスされていて、なんだか不思議な魅力を放っています。

<収録曲>
1. The Green and Black
2. Ironbound
3. Bring Me the Night
4. The Goal is Your Soul
5. Give a Little
6. Endless War
7. The Head and Heart
8. In Vain
9. Killing for a Living
10. The SRC


<オススメの曲>
1. The Green and Black
2. Ironbound
3. Bring Me The Night(→PV)
6. Endless War

#1は彼ららしいバキバキのベースが印象的な曲。ゆったりとしたイントロは少し勿体ぶり過ぎかなぁなんて気はしますが、そこからなヘヴィなサウンドによる疾走っぷりはやはりとてもカッコ良い。
♯2はグルーヴィーなリフでザックザックと切り込んでいく様子がとてもカッコいい曲。歌メロにちょっとした親しみやすさがあるのが良いな。展開の方も上手いこと緩急をつけていて面白い。
そして#3は圧倒的にエネルギッシュなキラーチューン。シンプルで攻撃的かつメロディアスなリフが華麗に疾走しまくり、そこに早口でヒステリックなVoがのっかるというストレートな楽曲なのですが、そのド真ん中っぷりが実に爽快です。中盤のソロ直前の歌い回しと、そっからソロになだれ込んでいく瞬間が好き過ぎてヤバい。悶絶。
#6は骨太なリフに痺れるパワフルな曲。スタスタしたドラムの淡々とした感じが意外と好きだったり。終盤のアイアンメイデンチックなツインリードも楽しい。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1422-dc6412cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。