EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RESECTION 「ZENITH」
RESECTION 「ZENITH」

Resection Zenith

ドイツ出身のグラインドコア/デスメタルバンド、リゼクションの1作目。2006年発表。テクニカルな演奏で無慈悲に激烈大爆走しまくるグラインドコアをやっています。とにかく速さと安定感が尋常じゃないのですが、ただ闇雲に疾走しまくっているわけでは無く、やたら耳に残る展開やグルーヴ感を随所に挟み込んでくるのが素晴らしい。Voも強烈なガテラルヴォイスや豚の鳴き声のような声を器用に操っており、圧倒的な存在感を放っています。9曲30分というコンパクトさも良い。

<収録曲>
1. The Manhattan Project
2. Sambiki Saru Or The Three No-Evil Monkeys
3. Effect Of My Inner Conflict
4. Dehydration Of Industrial Land
5. Intolerance And Ban
6. Preprogrammed End
7. From Murder To Genocide
8. Pursuit Of Illusion
9. Putative Unison


<オススメの曲>
1. The Manhattan Project
2. Sambiki Saru Or The Three No-Evil Monkeys
5. Intolerance And Ban
7. From Murder To Genocide

静かな機械のようなSEから一転して爆裂疾走しまくる#1からしてもう彼らの魅力が満載。重機のような破壊力と、精密機械のような正確さを併せ持っています。とにかく高速なブラストと、多彩に変化するグルーヴ感満点のリフがたまらない。Voも迫力満点で、グルグル言ったりブヒブヒ言ったり忙しそう。
♯2は冒頭のドラムの変拍子が素敵。そっからスタタタタと高速で疾走しつつもまた変拍子に戻ったりと、とてもテクニカルに展開します。
#5はドロドロとした地を這うようなリフで展開する思いっきりデスメタルな曲。ズルズルとしたリフを中心としながらもやはり展開はとても多彩で、テクニカルな変化を楽しむことが出来ます。
個人的に一番好きなのは♯7かな。嵐というよりはもはや戦争レベルの攻撃性と、めぐるましく展開するリフ構成、そして機関銃のようなドラミング、そしてブヒブヒと喚くVoがカオス寸前のところで整合性を保っています。中盤のやたらグルーヴィーなリフもたまらない。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1434-10733566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。