EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UNLIMITS 「トランキライザー」
UNLIMITS 「トランキライザー」

Unlimits トランキライザー

日本出身の4人組メロコアバンド、アンリミッツの2作目。2011年発表。歌謡曲に通じるような懐かしさ漂う圧倒的クサメロと、その懐かしさに伴う狂おしいほどの哀愁が最高に素晴らしいメロディックパンクをやっています。ポップなメロディでキャッチーに疾走しまくるのですが、とにかくメロディがノスタルジックで切ない。Voはなんとギターボーカルとドラムボーカルの女性ツイン編成なのですが、メインで歌っているギターボーカルはちょっぴりハスキーかつ伸びやかな歌声で、これまた声質自体にも哀愁がまとわりついています。あとは変に英語をつかったりせず、完全に日本語歌詞なのも親しみやすさや歌謡曲っぽさをを増幅させてるのかな。

<収録曲>
1. ループ
2. 偽りの世界
3. ハロー
4. 茜唄
5. 粉雪のメロディー
6. α
7. 暗闇ノイローゼ
8. 雨音
9. ディスコード
10. 蒼
11. 道しるべ
12. パズル


<オススメの曲>
1. ループ
2. 偽りの世界
3. ハロー
4. 茜唄
6. α
9. ディスコード
10. 蒼

冒頭の#1からしてもう歌謡曲っぽさ全開の疾走曲。なんというクサメロ。なんという哀愁。特にサビの胸を締め付けてくるような切ない感じが本当に素晴らしいです。
♯2も憂いをたっぷり含んだメロディが凄まじく切ない。ちょっぴり陰気な雰囲気で美しく疾走します。
♯3は軽快なリズムで淡々と進むポップな曲。爽やかなんだけど、やはりメロディの中にはノスタルジックな雰囲気が内包されています。
#4は今作の中でも抜きんでた哀愁っぷりと歌謡曲っぽさを見せつけてくる曲。ただでさえ哀愁歌謡曲系チューンばかりが詰め込まれたこの作品なのに、その中でも群を抜いているというのはとても凄いことだと思います。圧倒的なクサメロに終始悶絶。中盤で一度演奏が控えめになってVoだけが切ないメロディを歌い上げ、そこから再度演奏を伴ってサビを繰り返す部分が好き過ぎてヤバい。
#6HAWAIIAN6をちょっと思い出させるような哀愁メロコア。HAWAIIAN6を日本語詞にして女性Voにするとこんな感じになりそうという僕の勝手なイメージです。途中のピロピロギターソロがちょっとだけメタルっぽい。
#9はパンクっぽい音作りが全面に押し出されている曲。ただ、メロディラインは相変わらずのアンリミッツ節です。
#10はメタラーが喜びそうなクサメロを前面に押し出された疾走哀メロチューン。別にヘヴィってわけではないのですが、とにかくメロディがクサいのです。クサメロは正義なので、ジャンルの壁を超えて楽しめるものだと僕は思っています。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1440-610f8e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。