EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QUINTA ENMIENDA 「NE BIS IN IDEM」
QUINTA ENMIENDA 「NE BIS IN IDEM」

Quinta Enmienda Ne Bis In Idem

スペイン出身のメロディックパワーメタルバンド、QUINTA ENMIENDAの1作目。2010年発表。哀愁を帯びたクサいメロディで力強く疾走する、いかにもなメロパワをやっています。情熱の国スペインらしい熱い雰囲気がクサさを増幅させており、スパニッシュな哀愁と絶妙に絡み合っていてとても印象的。ジャケを見ると女性Voっぽい気もしてしまいますが、実際は男性Voで、少々イモ臭いもののB級メタルにしては頑張っている方なのではないかと。歌詞は全て母国語で歌われており、スペイン語の持つ独特の巻き舌感と字余り感が不思議な感じでたまりません。さりげなくギターが熱いメロディアスなフレーズを弾きまくっていたり、Keyが表だって目立たないながらもキラキラと絶妙な装飾を加えていたり、ドラムも非常に歯切れが良かったりと、演奏面でもなかなか聴くべき点は多いと思います。

<収録曲>
1. Intro
2. Mi Libertad
3. El Viejo Código
4. Dulce Prisión
5. Oscuro Amanecer
6. Desde El Infierno
7. Exiliado
8. Prisionero
9. Quinta Enmienda


<オススメの曲>
2. Mi Libertad
3. El Viejo Código
5. Oscuro Amanecer
6. Desde El Infierno

神々しさすら感じさせる荘厳なイントロ#1に続く#2は、迸る熱さを前面に押し出したクサメロ疾走チューン。堂々とした出で立ちで圧倒的なクサメロを力強く歌い上げるその様は、ダサいを遥か超越してもはやカッコ良いです。勇壮な戦士達を思い浮かべざるを得ないようなヒロイックな雰囲気がたまらぬ。
#3はサビの朗らかな明るさと、メロディ自体の持つ熱さとのバランスが素敵。これまた非常に堂々としたクサメロで、「クサメロですが、何か?」みたいなドヤ顔が想像できるようでたまりません。
ピアノの音色で幕を開ける#5は、一瞬バラードかと思ってしまいそうですが、そこからやはりヒロイックに疾走開始。北欧メロスピ張りにキラキラしたKeyと、スペイン独特の熱さとの、一見ミスマッチな感じの組み合わせが逆に新鮮で良いです。サビで一気に広がっていくような雰囲気がとても良い。スケールが壮大だなー。
#6はドラマティックなイントロがわざとらしすぎて逆にツボ。やり過ぎw そしてそっからちょっと危なっかしいハイトーンシャウトをちょっと決め、エピカルなクサメロで疾走していきます。Voが早口でまくし立ててくるのですが、スペイン語の歌詞が字余り過ぎておもしろい。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1447-515ac3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。