EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DRAGONLAND 「UNDER THE GREY BANNER」
DRAGONLAND 「UNDER THE GREY BANNER」

Dragonland Under the Grey Banner

スウェーデン出身のシンフォニックメロディックパワーメタルバンド、ドラゴンランドの5作目。2011年発表。初期はソナタ・アークティカばりのキラキラ系メロスピをやっており、そこから段々とシンフォニックさを強めてメロスピ路線から脱却していった彼らですが、今作ではメロパワ風のサウンドに最近の豪華絢爛なシンフォニック要素を乗っけてきたようなサウンドとなりました。クサメロも適度にまぶされているし、力強さやアグレッシヴさも兼ね揃えているという印象。逆に言えばクサメロ疾走に特化しているわけでもないし、シンフォニックさを突き詰めまくったわけでもないということになるのですが、個人的にはなかなか上手くまとめ上げられているのではないかと思います。

<収録曲>
1. Ilmarion
2. Shadow Of The Mithril Mountains
3. The Tempest
4. A Thousand Towers White
5. Fire And Brimstone
6. The Black Mare
7. Lady Of Goldenwood
8. Dûrnir's Forge
9. The Trials Of Mount Farnor
10. Throne Of Bones
11. Under The Grey Banner
12. Ivory Shores


<オススメの曲>
2. Shadow Of The Mithril Mountains
4. A Thousand Towers White
6. The Black Mare
9. The Trials Of Mount Farnor

荘厳で期待感の高まるドラマティックなイントロの#1を経て、♯2の冒頭ではさらに語りが挿入。まだ始まらんのかよ!と思わされますが、ちょっとしたらヒロイックなメロディで一気に疾走を開始します。音自体に厚みがあって迫力十分で、その迫力のまま疾走していくのでとても聴きごたえがあります。ちょいちょいエピカルなクサメロを絡めつつドラマティックに展開していく曲。
#4もパワフルな音圧で疾走していく曲。サウンド自体はとても荒々しいのですが、メロディがちょっと爽やかなのが良い。中盤のミドルテンポパートがなんかのどかな雰囲気が漂ってて印象的。
そして#6はこのアルバムの中で一曲だけ抜きんでた超名曲。サビでの盛り上がりと高揚感、そしてみんなで歌いたくなるようなクサいコーラスは、メロパワ界においてもかなり上位に来るんじゃないかという素晴らしさです。派手な装飾も絶妙でとても効果的。
#9はダークな疾走パートと、幻想的なミドルパートの組み合わせが秀逸。特に疾走パートの激しいリフ攻勢がとても好きです。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1459-baf30a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。