EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VEILED IN SCARLET 「IDEALISM」
VEILED IN SCARLET 「IDEALISM」

Veiled in Scarlet Idealism

日本出身のメロディックデスメタルバンド、ヴェイルド・イン・スカーレットの1作目。2012年発表。かつて圧倒的クサメロを武器に巷で話題になったメロデスバンド、SERPENTのメインソングライターであったKeija<Dr,Key>が立ち上げた新しいプロジェクトです。元SERPENTHiroki<G>も参加しており、ほとんどSERPENTの復活作と言ってしまっても過言ではありません。そしてサウンドの方も見事にかつてのSERPENTを踏襲しており、モダンな音作りの中に圧倒的にクサいメロディを存分に配したメロデスをやっています。Voは低音のグロウル系なので、そこがSERPENT時代との大きな違いになるのかな。ただ、ギターのメロディアスさ及び音圧に埋もれて少々影が薄くなっている感は否めません。

<収録曲>
1. Desire
2. Belief
3. The Whereabouts Of My Soul
4. Idealism
5. Drift
6. Night Befall
7. The Wind To A Dream
8. Resistance
9. Dividing Line


<オススメの曲>
1. Desire
2. Belief
4. Idealism
8. Resistance

冒頭の#1からもういきなりの本領発揮。クサメロと泣きメロが縦横無尽に絡み合う悶絶チューンです。メロディの洪水という使い古された表現がとてもしっくりくるような、次から次へと美旋律が飛び出てくる曲になっています。
♯2はデスラッシュ気味のザクザクとしたリフの中に、彼らの持ち味であるクサメロをぶち込んだような曲。
タイトル曲の#4もザクザクとしたリフとメロディアスなフレーズの絡みが凄まじい曲。ソロのあざといほどにクラシカルなフレーズや、全体を覆う効果的なシンフォ装飾がたまりません。
#8はテンポは控えめなものの、荒々しさが全面に押し出された曲。ギターのメロディもねっとりと奏でられ、とても印象に残るフレーズがポンポン飛び出します。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1460-0ac40098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。