EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OLD MAN'S CHILD 「ILL - NATURED SPIRITUAL INVASION」
OLD MAN'S CHILD
「ILL - NATURED SPIRITUAL INVASION」


Old Man's Child Ill-Natured Spiritual Invasion

ノルウェー出身のブラックメタルバンド、オールド・マンズ・チャイルドの3作目。1998年発表。ディム・ボガーガルダーがドラム以外の全パートをこなしており、ドラムだけはダーク・エンジェルジーン・ホグランが担当しています。サウンドの方はクラシカルな装飾でメロディアスに疾走するスタイルとなっており、ブラックメタルらしさをちょっぴり残しながらも非常に聴きやすい音作り。今までもわりと聴きやすい方でしたが、今作ではそれよりもさらに通常のメタル寄りのサウンドとなっており、むしろブラック要素はデスヴォイスくらいにしか残っていないんじゃないかというレベルです。メロディの質もクサメロレベルの充実っぷりで、メロディアスなメタルが好きならば普通に悶絶できるのではないかと。

<収録曲>
1. Towards Eternity
2. The Dream Ghost
3. Demoniacal Possession
4. Fall of Man
5. Captives of Humanity
6. God of Impiety
7. My Evil Revelations
8. Thy Servant


<オススメの曲>
1. Towards Eternity
2. The Dream Ghost
5. Captives of Humanity
6. God of Impiety

優雅なイントロで始まる#1は、そのまま煌びやかな装飾を纏いつつ、ギターとドラムだけが爆走していく曲。装飾部分はゆったりさとのギャップがとても印象的。中盤からの美麗なピアノサウンドも素敵。
グルーヴィーなリフで進みながら、♯2は高速で紡ぎ出される流麗なピアノサウンドと共に疾走していく曲。そのピアノの疾走っぷりが個人的に妙にツボです。
#5は荘厳な雰囲気で始まり、ドラマティックかつ勇壮に展開していく曲。出だし部分のメロディがとてもエピカルで良いです。
#6は最初のノイズがとても邪魔なんですが、その後の展開は悶絶級のクサメロがこれでもかとばかりに乱舞するキラーチューン。クラシカルでヒロイック、さらに叙情性まで兼ね揃えた素晴らしいリフがあまりにも素敵。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1464-8360dfa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。