EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JOB FOR A COWBOY 「DEMONOCRACY」
JOB FOR A COWBOY 「DEMONOCRACY」

Job For A Cowboy Demonocracy

米国出身のデスメタルバンド、ジョブ・フォー・ア・カウボーイの3作目。2012年発表。デスコアの立役者的なバンドとして非常に高い知名度を持ちつつも、元々かなりデスメタルっぽい音楽せいだった彼らですが、今作ではデスコアをほぼ完全に脱却し、とてもブルータルなテクニカルデスメタルサウンドを提示してきました。小気味良いリフでガチャガチャとテクニカルに疾走し、Voもグロウルから喚き声までを器用に使い分けるという、とにかく多彩な変化を楽しめる音楽性が素晴らしい。一方で、これぞといった決め曲に欠けるという一面も持っており、非常に強烈なパンチを次々と繰り出すわりに、なぜか決定打が決まらないという印象です。

<収録曲>
1. Children Of Deceit
2. Nourishment Through Bloodshed
3. Imperium Wolves
4. Tongueless And Bound
5. Black Discharge
6. The Manipulation Stream
7. The Deity Misconception
8. Fearmonger
9. Tarnished Gluttony
10. Misery Reformatory
11. Plastic Idols
12. Execution Parade
13. Signature of Starving Power


<オススメの曲>
1. Children Of Deceit
2. Nourishment Through Bloodshed
4. Tongueless And Bound

複雑なリフでガチャガチャと攻め立てる#1、テクニカルさとグルーヴ感を兼ね揃えた♯2、表現力と迫力が凄まじいVoの真髄を思い知ることが出来る#4あたりを中心として、全体的にどれも平均的に水準が高いです。
#10から#14は日本盤ボーナストラックで、EPに収録されていた曲なのだとか。ここら辺はとてもデスコア色が強めな印象です。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1465-a43cc7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。