EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WIG WAM 「WALL STREET」
WIG WAM 「WALL STREET」

Wig Wam Wall Street

ノルウェー出身のハードロックバンド、ウィグワムの4作目。2012年発表。派手な衣装に身を包んだキモいおっさん達(←褒めてる)が、ボン・ジョヴィあたりに通じるようないかにもな80年代ハードロックをやっているバンドですが、本作でもそのスタンスは何一つ変わっておらず、キャッチーなメロディと一緒に口ずさみたくなるような楽しいコーラスという完全にいつも通りのスタイルです。このバンドが出てきたときは「この時代にこんなダサい格好で時代に逆行したハードロックを見せつけてくるなんて!」という新鮮な喜びがあったものですが、4作目ともなるとさすがにマンネリ気味に感じてしまう部分もあるかも。また、個々のメロディは決して悪くはないものの、今までのような派手さが無く比較的無難にまとまっているため、どうしても地味な印象が拭えないという感もあります。キャッチーでさらっと聴ける分、あっという間に聴き終わってしまう気がして、今までと同様の満足感を得られるかというと必ずしもYESとは言えないかもしれません。とはいえこの手のバンドには別に新しいことを求めているわけでもないので難しいところなのですが、メロディセンスは相変わらず良いので、今までみたいにもっと馬鹿みたいにハジけてくれても良かったんじゃないかなぁなんて思ってしまいました。

<収録曲>
1. Wall Street
2. OMG! (Wish I Had A Gun)
3. Victory Is Sweet
4. The Bigger The Better
5. Bleeding Daylight
6. Tides Will Turn
7. Wrong Can Feel So Right
8. One Million Enemies
9. Try My Body On
10. Natural High
11. Things Money Can't Buy


<オススメの曲>
1. Wall Street
2. OMG! (Wish I Had A Gun)
6. Tides Will Turn
7. Wrong Can Feel So Right
9. Try My Body On

冒頭の#1がまずちょっとシリアスな感じで始まるのでどうしたものかと思ってしまいましたが、サビが近づくと完全にいつも通りのウィグワムでした。安定のキャッチーなコーラスに大満足。
♯2はちょっぴりアダルティな雰囲気を醸し出した入りから、やはり親しみやすいサビへと繋がっていく曲。リフのノリの良さも秀逸。
#6は哀愁漂うバラード。別にこのバンドにバラードはそんな求めてないんだけど、何回か聴いているうちに結構好きになってしまいました。
#7は能天気なかんじの明るさと、カラッと乾いたアコースティックギターが素敵な一曲。
#9はいかにも80年代な雰囲気の漂うリフが印象的。モトリー・クルーあたりを彷彿とさせるかも。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939_20120521221052.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1476-ab48c384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。