EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NACHTBLUT 「DOGMA」
NACHTBLUT 「DOGMA」

Nachtblut Dogma

<収録曲>
1. Dogma
2. Der Weg ist das Ziel
3. Ich trinke Blut
4. Eiskönigin
5. Rache
6. Mein Herz in ihren Händen
7. Mordlust
8. Macht
9. Bußsakrament
10. Vulva
11. Die Schritte


ドイツ出身のブラック風シンフォニックメタルバンド、NACHTBLUTの3作目。2012年発表。

シンフォニックで荘厳なサウンドの中に、ブラックメタルっぽい邪悪なエッセンスとインダストリアルっぽい堅いサウンドが交じり合い、それをゴシカルでダークな雰囲気がで包み込むというのが基本のスタンス。全体的に非常にバラエティに富んでおり、うまくジャンルとして括れないような音楽性となっています。

冒頭の#1は荘厳なインダストリアルゴシックといった感じの曲。ダークさの中に仄かな美しさが内包されていてとても良いです。Voは低めの喚き声でちょっぴり邪悪。
続く#2もこれまた荘厳な雰囲気から、ざっくりずっしりとしたリフへとなだれ込む曲。重々しいオーラと、以外にも親しみやすいメロディとの調和が素敵。Voはさらに邪悪さを増し、全体的にクレイドル・オブ・フィルスっぽい感じも漂います。
中世っぽいKeyが美しいメロディを紡いでスタートする#3は、比較的勢いがあってアグレッシヴな曲。荘厳な世界観を維持したままグイグイと迫ってくる感じが最高です。
#4は最初の方が無音で「あれ?」と思いますが、後半はダークなインダストリアルチューン。
続く#5はさらにインダストリアル色を強め、歌詞がドイツ語なのと相成ってラムシュタインあたりを彷彿とさせずにはいられません。
#6は美しい静か系の曲かと思いきや、一気に邪悪に禍々しく展開していく曲。喚き声がなかなか強烈で、非常にクレイドル・オブ・フィルスっぽい。
#7はグルーヴィーなリフで疾走していくのかと思いきや、途中で一気にスローダウン。そのままいい具合に緩急をつけながら、デジタル風味に展開していきます。
#8はいかにもダークな雰囲気が漂う曲。淡々と刻まれるベース音が好き。
#9は教会のオルガンっぽい音色が印象的な曲。
なぜかアップテンポな#10は、比較的陽気な雰囲気の中、Voだけがやたら邪悪です。
最後を締める#11は語りのようなVoをのせて不気味に進んでいくスローな曲。雰囲気は悪くないけどダレる。

ってことで、ブラックメタルと言ってしまうには少々弱いですが、サウンドとしてはなかなか面白くて良いと思います。

<オススメの曲>
2. Der Weg ist das Ziel
3. Ich trinke Blut(→PV)

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939_20120521221052.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1511-260dc6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。