EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KORPIKLAANI 「MANALA」
KORPIKLAANI 「MANALA」

Korpiklaani Manala

<収録曲>
Disc 1
1. Kunnia
2. Tuonelan Tuvilla
3. Rauta
4. Ruuminmultaa
5. Petoelimen Kuola
6. Synkk
7. Ievan Polkka
8. Husky Sledge
9. Dolorous
10. Uni
11. Metslle
12. Sumussa Hmrn Aamun


Disc 2
1. Honor
2. At The Huts Of The Underworld
3. The Steel
4. Soil Of The Corpse
5. Predator's Saliva
6. Dark Side
7. Ieva's Polka
8. Husky-Sledge
9. Dolorous
10. Dream
11. Off To The Hunt


フィンランドの森の妖精こと、コルピクラーニの8作目。2012年発表。

いつも通りの愉快なフォークメタルをやっていますが、いつも通り過ぎてやはりマンネリです。って感じの、ここ数作と全く同じ感想を今回も献上。それでも俺はコルピが好きなんだ!という信念でずっと追いかけ続けております。むしろ音楽性が変わってたらなんか悲しくなる気がするし、むしろ一安心といった感じでしょうか。かの有名なヴァイオリン奏者であるヒッタヴァイネンが脱退してしまったことがどう影響するかという心配もあったのですが、何も影響がなかったようなのでそこも安心しました。

ただ、いつも通りの安定したクオリティではあるものの、今作は頭一つ抜きんでたキラーチューンが不在という印象もあり、どちらかと言えば地味な作品に分類されてしまうような気も。シリアスで大人しい曲もいつもより多いしなぁ。勢いのある#1とか、淡々とした雰囲気が独特のオーラを醸し出す#3、アコーディオンを前面に押し出して弾けるポルカチューン#7あたりはなかなか魅力的だけどね。

ちなみに輸入盤の限定盤についてくるディスク2は全ての曲の英語Verが収録されています。
もっと大胆に世界に進出しようとでもしてるのかな。コルピには土着的な要素を求めているので、母国語の方が普通に合ってると思うんだけどな。

<オススメの曲>
1. Kunnia
3. Rauta
7. Ieva's Polka

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939_20120521221052.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1512-498887d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。