EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風は山河より
ちょっと前の話ですが、宮城谷昌光の「風は山河より」を読み終わりました。

風は山河より


宮城谷昌光は個人的に大好きな作家で、かなりの作品を読んでいると思います。

そしてこの「風は山河より」は全部で6巻というそれなりの長編。
普段は中国史メインの作家である宮城谷昌光ですが、これは室町後期から戦国時代にかけての三河を舞台にしており、なんだか新鮮な印象を受けました。

主人公は菅沼定則、菅沼定村、菅沼定盈の菅沼三代。

個人的に歴史小説の魅力は、

1. 歴史の勉強ができる。知らなかった知識が得られる。
2. 主人公が歴史的な成功者なことが多いので、少年漫画ばりの無双っぷりが期待できる

ということだと思っているのですが、この作品は1の要素が非常に強かったです。

とりあえず、菅沼三代の知名度の低さ。知らないことだらけだし、結構凄い人だったのねということが知れてとても興味深い。

ただその一方で、どうしても織田信長や徳川家康、今川義元、武田信玄などの知名度の高い武将達に話の焦点が行きがちで、なかなか主人公サイドに話が戻ってこないとこに少しダレた気がします。それらの有名武将と互角以上に渡りあう菅沼三代の活躍はとても面白かったので、話が主人公サイドにある時はどんどんページが進むんだけど。

でも、家康の祖父の代の話とか、今川義元サイドから見た桶狭間とか、あまり知識として持ってなかったエピソードをいろいろ知ることが出来たし、6巻全部読み終わった今ではなかなか面白かったなと思っています。まぁこの人の小説は中国モノの方が面白いことは間違いないけどね!

とりあえず宮城谷昌光の三国志がさっさと文庫で完結してくれるのを待ち望んでおります。

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1514-70c4ffc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。