EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王狼の戦旗
ジョージ・R・R・マーティンの「王狼たちの戦旗」を読み終わった。
「氷と炎の歌」というシリーズの第二部。

191842_361623610578869_701777871_o.jpg


第一部の「七王国の玉座」が面白かったのでかなり期待していたのですが、第一部以上に波乱の展開で非常に面白かったです。

※以下、第一部のネタバレあり
第一部「七王国の玉座」の簡単なあらすじを書いておくと、物語は七王国という架空の国が舞台のファンタジー戦記物。

ロバート・バラシオンという王様が国を統一し、国の統治を手伝うために呼び出されたのが国の北部に位置するウィンターフェルの城主であるエタード・スターク。エタードはロバートの親友で、国を統一する際にも王の片腕となって活躍していました。

が、太后サーセイ・ラニスターの陰謀によりロバートは狩り中に死亡。
息子であるジョフリーが次の王として即位します。

太后サーセイは実弟であるジェイミー・ラニスターと近親相姦の関係にあり、実はジョフリーはサーセイとジェイミーの息子。本当ならばロバートの息子ではないジョフリーには王となる資格はないわけです。
この事実に気づいてしまったエタードは、謀反の冤罪を着せられて処刑され帰らぬ人に…。

こうした動乱の中、ロバートの弟であるスタニス、そしてさらにその弟であるレンリーが自分こそが王であると主張して勝手に即位。父エタードを殺された息子ロブ・スタークも北の国の諸侯に押されて「北の王」として即位。

ジョフリー、スタニス、レンリー、ロブの4人が王として立ち上がり争うというのが物語の基本的な軸です。

その軸の周りでも様々な人々の思惑が交差しており、かなり色々な話が入り混じっているのが非常に物語の幅を広げているところ。

ロバートに滅亡させられたターガリエン家の子孫であるデナーリスは、七王国の外の国で力を蓄え、3匹のドラゴンを率いて「海の外の女王」となり、七王国を取り戻すことを画策していたり…。

ウィンターフェル城のさらに北では「異形」と呼ばれる魔物のようなものが動きだし、異形の侵攻を防ぐために組織された〈冥夜の守人〉が戦っていたり…。


そして第二部である「王狼たちの戦旗」はその続きだったわけですが、それぞれの人物がそれぞれの戦いを繰り広げていてとても面白かったです。

ファンタジーもののくせに魔法やドラゴンが無双したりということはなく、かなりシビアな戦いが繰り広げられるところがとても魅力的です。

登場人物が多くて名前の一致に時間がかかったり、架空の世界なので世界観に馴染むまでは少々わかりにくかったりという所もありますが、そこさえクリアすれば一気に面白くなってきます。

「そこでそいつが死ぬのかよ!」とか「お前裏切るんかい!」みたいな予想外の展開が平気でポンポン飛び出すあたりがとても面白いです。
そもそも第一部読んでる時点でも、まさかエタードが死ぬとは思わなかったしね。ずっと主人公的ポジションだったのに。


ちなみに今作では、ティリオン・ラニスターやアリア・スターク、そしてシオン・グレイジョイの章が個人的には毎回とてもわくわくして面白かったです。


とりあえず続きがめっちゃ気になりますが、第三部「剣嵐の大地」の改訂新版が2012年10月発売なので、それを楽しみに待っておくことにします。

なお、この「氷と炎の歌」シリーズは海外では「Game of Thrones」というタイトルで、全部で七部構成の予定。現在は第五部まで発表されているのだそうです。日本では第四部まで和訳されているのですが、新しく改訂新盤が順番に発売されており、それが第二部まで出たところ。第三部は10月、第三部は来年の1月に出るのだとか。第五部も来年中に和訳がでるっぽいし、非常に楽しみ。

全世界60ヵ国で実写版ドラマが放映されているらしいので、そのうち日本にも来るんじゃないかな。ってか、来てほしいな。

http://www.hbo.com/game-of-thrones/cast-and-crew/index.html

ドラマ、わりとキャストがハマり役っぽいし。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/07(金) 23:19:13 | | #[ 編集]
>Ladyさん
こんにちは!コメントありがとうございます!

そこの部分は、ブログのスキンに無理矢理リンクをその形式でぶちこんでるんですよね。そしてソートは普通に記事を毎回手動で編集して管理しています。

ちょっと今、合宿中でパソコンが手元にないので、月曜か火曜にまた詳しくお返事させて頂きます。
なのでもし良ければそのくらいにまた覗きにきてみて頂ければ幸いです。
2012/09/08(土) 00:50:20 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
ありがとございます
早速のお返事ありがとうございます。
特に急ぎではないので、お時間のある時でかまいません。
楽しみにしております。
2012/09/08(土) 08:15:23 | URL | Lady #-[ 編集]
>Ladyさん
お待たせしました!
僕はスキンのテンプレートのHTML中に、以下のようなタグを入れています。

<select onchange="location.href = this.options[selectedIndex].value" style="width:170px;" class="list">
<Br>
<option value="">過去に紹介したCD一覧</option>
<option value="">数字・記号など</option>
<option value="">A・B</option>
<option value="">C・D</option>
<option value="">E・F・G</option>
<option value="">H・I・J</option>
<option value="">K・L</option>
<option value="">M・N</option>
<option value="">O・P・Q・R</option>
<option value="">S・T</option>
<option value="">U・V・W・X・Y・Z</option>
<option value="">日本語・企画物</option>
<option value="">シングル・デモなど</option>
<option value="">非HR/HM</option>
</select>

<option value="">の""の間には各記事のURLを入れて、あとはその記事の中で手動で各レビューへのリンクを編集しているだけです。
なので、とりあえず上記のタグを上手く自分用に直して、HTMLの中に組み込めば良いかと。詳しくは「プルダウンメニュー HTML」とかでググってみればわかりやすいと思います!
2012/09/11(火) 19:12:29 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
ありがとうございます
こんにちは。
お忙しい中、詳細な解説本当にありがとうございます。
アドバイスを参考にいじってみたいと思います。
2012/09/12(水) 04:26:02 | URL | Lady #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1516-297d4bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。