EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSY 「싸이6甲 Part.1」
PSY 「싸이6甲 Part.1」

Psy 싸이6甲 Part.1

<収録曲>
1. 청개구리 (アマガエル)
2. 뜨거운 안녕 (熱いアンニョン)
3. 강남스타일 (江南スタイル)
4. 77학개론 (77学概論)
5. 어땠을까 (どうだったか)
6. Never Say Goodbye


韓国の太ったおっさんの放つ6作目。2012年発表。アルバムタイトルは一応韓国語表記にしておきましたが、日本で買おうとすると「6集 - PSY 6 Gab Part 1」でググれば色々ヒットします。

正直、このおっさんについては全然知らないのですが、韓国ではかなり名の知れた凄いヒップホップアーティストなのだそうです。
ではなぜこのCDを紹介するのかと言いますと、#3がとにかく強烈だから。美本誤表記だと「江南スタイル」となるこの曲、英語だと"Gangnam style"と表記されておりまして、なんとここ数週間ずーーーーっと米国ビルボードチャートの2位に君臨しているのです。ワールドチャートではトップにも上り詰めているこの曲、ぶっちゃけやってることはLMFAOあたりの二番煎じ的なチャラ系エレクトロ入りヒップホップなのですが、とにかくその中毒性が高い。基調となるエレクトロサウンドがめっちゃ頭に残る上に、耳慣れない韓国語の歌詞がさらにそれに拍車をかけ、数回聴いたら二度と忘れられないような鮮烈なインパクトを残します。

おっ♪
おっ♪
おっ♪
おっおっ♪

おっぱ、がんなむすた~いる♪

ええぇぇぇぇええい、せくしぃれいでーーー

がとにかく頭から離れない。
PV(→これ)もかなり秀逸で、キモイおっさんが無駄にキレのある踊りを披露している姿はインドの音楽映画みたいな印象すら受けるかも。まぁとにかく面白い曲なので、僕みたいにネタっぽい曲にハマる癖がある人は一聴の価値はあるのではないかと。それにしてもビルボードにアジア圏のアーティストがランクインするのってかなり珍しいことなので、純粋に凄いと思います。
ちなみに他の曲はかなり凡。というか"Gangnam style"が強烈過ぎて霞んでしまっています。

<オススメの曲>
3. 강남스타일(→PV)

オススメ度…80点

江南スタイル単体にだったらもっと高得点を付けたい。

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1529-da7afc0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。