EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上田早夕里の『華竜の宮』を読了
上田早夕里の『華竜の宮』を読み終わりました。

華竜の宮 上 華竜の宮 下

なんかタイトルに惹かれてずっと読みたいと思ってたのですが、他にも読みたい本がいっぱいあってついつい先延ばしになっていました。

『SFが読みたい!2011年版』のベストSF2010投票の国内篇1位!

ということで、わりと人気も高いらしい。

ほとんどの陸地が水没してしまった25世紀の地球が舞台で、人類は陸上民と海上民という二つの分類に分かれているという設定。主人公はその海上民とのトラブルを交渉によって解決する外洋公館の公使で、さらに環境の悪化していく地球の中でいかにして人類が共存していく事が出来るかということを考えていくというストーリー。

海上民が<魚舟>という居住空間を持った獣とともに生まれてくるという設定や、人間の体を海に適応するために改造させているという設定など、非常にSFらしい発想が盛り込まれていてわりと面白く読むことが出来ました。

個人的にSF系の本はめっちゃ面白く読める本と、イマイチ面白くない本に二極化するので、これは面白く読めて良かったかな。

ちなみにこの本をもって、カウントを始めてから381日目で150冊の本を読み終わったことになりました。さーて、次は何を読むかなー。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1586-ac776a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。