EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SCREAMING SAVIOR 「ECLIPSE OF THE DARK LUNAR」
SCREAMING SAVIOR
「ECLIPSE OF THE DARK LUNAR」


Screaming Savior Eclipse Of The Dark Lunar

<収録曲>
1. 折翼轮回 (Reversed Circle)
2. 天湖葬日 (Eclipsed Into Skylake)
3. 雪域 (Desire Of The Snow)
4. 异元祭 (Century Ceremony)
5. 心魔乱 (Lunatica)
6. 青春狂舞曲 (Rhapsodance: Ghost Exodus)
7. 小曲 (Ditty)
8. 暗月帝国 (Imperium Opacum Lunare)
9. 魂灭 (Requiem 0)


中国出身のシンフォニックブラックメタルバンド、スクリーミング・セイバーの1作目。2009年発表。

中国産のメタルにはあまり馴染みがなく、大した期待もせずに興味本位で手を出してみたのですが、びっくりするほど超本格的なシンフォニックブラックメタルをやっていました。仰々しいシンセと綺麗な旋律を奏でるピアノを絡めつつ、暴虐的に疾走しまくるというのが基本のスタンスです。メロディアスさも極上で、シンフォブラとメロブラの良いとこ取りのようなサウンド。Voもなかなかに凶暴で、体の奥底から発せられるような絶叫を堪能することが出来ます。

まず冒頭の#1のイントロの時点で「おっ、これは!」と思わずにいられない。煌びやかなピアノから、クサメロレベルのメロディアスなフレーズが激しく掻き鳴らされていく様はまさに圧巻。Voも迫力満点で、いきなりノックアウトされてしまいました。
続く#2は汚いリフでゴリゴリ突き進んでいく曲。ブラックメタルらしさが良く出ていてこれはこれで良い。
#3は優雅なKeyとシンセがゴシックメタルのような雰囲気を醸し出している曲。キラキラのKeyをまとった疾走パートはメロスピのような雰囲気すら漂います。
#4は複座アツなリズムを叩くドラムの音が印象的。殺伐とした雰囲気と、その中でメロディアスに響くKeyやギターの音色も素敵です。
#5はこれまたゴシカルな雰囲気のイントロで幕を開けますが、その後はどんどんドラマティックに盛り上がっていきます。
#6は東洋的な弦楽器の音色が印象的な曲。
#7は3分ほどのインストで、繋ぎ的な扱いの曲かな。
#8はシンセの音色がやたらけたたましく響く曲。
そして最後を締める#9はクラシックかよww ってくらい優雅なフレーズから、だんだんと凶悪になっていき、ふたたび優雅に絞めるアウトロ的なインスト。

ということで、そこらへんのシンフォニックブラックメタルバンドにも引けを取らないような非常にクオリティの高い作品でした。アジア圏のブラックメタルバンドとしてソニックあたりに通じるものもあるかも。

<オススメの曲>
1. 折翼轮回 (Reversed Circle)(→YOUTUBE)
2. 天湖葬日 (Eclipsed Into Skylake)
3. 雪域 (Desire Of The Snow)
4. 异元祭 (Century Ceremony)

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1676-c1af0e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。