EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEWMAN 「SIREN」
NEWMAN 「SIREN」

Newman Siren

<収録曲>
1. Scar Of Love
2. Had Enough
3. Arcadia
4. Another Bitch Of A Night
5. Feel Her Again
6. Some Kind Of Wonderful
7. Siren
8. When It Comes To Love
9. Crossfire
10. Waiting For The Day
11. The Foolish One
12. Don’t Know Why


イギリス人マルチプレイヤー、Steve Newman<Vo, G, Key>率いるニューマンの10作目。2013年発表。

カラッと乾きつつもちょっぴり憂いを含んだサウンドが特徴の、王道メロディアスハードをやっています。Voはソウルフルで楽曲にぴったりだし、紡ぎだされるメロディは爽やかで哀愁たっぷり。どんだけメロハーの才能に溢れているんだ!といいたくなるような素晴らしい出来。

冒頭の#1は適度にハードでドライブ感のある曲。意外なワイルドさを見せつつも、サビでは哀愁たっぷりのメロディを聴かせ、非常に爽快な仕上がりとなっています。
#2はサビのコーラスが憂いを含みまくっていてとても秀逸。シンプルなメロディなのですが、やたら印象に残ります。
#3はちょっぴりしんみりした雰囲気が漂う落ち着いた曲。が、やはりサビはとても秀逸で、極上の哀愁を届けてくれます。
#5はいかにもメロハーという感じのコーラスがとっても素敵。適度にキラキラとしたKeyの装飾も良い。
#6はキラキラしながら軽く疾走する曲。適度なドライブ感とソウルフルな歌声の組み合わせがなかなか。
あとはピアノの音を絡めたイントロから、ハーレム・スキャーレムっぽい雰囲気に移っていく#12とかも好きだな。

ということで、いかにもなメロハーが好きな人なら安定して楽しめるような作品だと思います。抜群の個性を求められるとちょっと難しいところはありますが、メロハーというジャンルの中で秀逸な作品を探している人にはオススメ。

<オススメの曲>
1. Scar Of Love
2. Had Enough
3. Arcadia
12. Don’t Know Why

オススメ度…80点

OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1680-52434f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。