EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE DIRECTION 「TAKE ME HOME」
ONE DIRECTION 「TAKE ME HOME」

One Direction Take Me Home

<収録曲>
1. Live While We're Young
2. Kiss You
3. Little Things
4. C'mon, C'mon
5. Last First Kiss
6. Heart Attack
7. Rock Me
8. Change My Mind
9. I Would
10. Over Again
11. Back For You
12. They Don't Know About Us
13. Summer Love


英国出身のボーイズユニット、ワン・ダイレクションの2作目。
2012年発表。

イギリスのオーディション番組である"X Factor"の7シーズン目に各自が個人で応募して落選し、審査員の提案により5人を寄せ集め、グループ部門で再び挑戦したのが結成のきっかけ。そこで見事にファイナリストとなり、デビューに繋がったのだそうです。
日本では「イギリス版の嵐!」とかいう売り出し方をされているのをツタヤで見かけたのですが、さすがに嵐と比べるのはなんだかなぁという。まぁアイドルとして売り出したいんだろうけど。そもそもこいつら、わりと見た目は芋クサいと思うんだけど…。
サウンドの方は相変わらずポップでキャッチーな楽曲がずらり。1作目と同様に爽やかでノリやすい曲が多いですが、しっとりチューンや勢いのある曲なども増え、前作よりもさらにバラエティに富んだ作品となっています。

とりあえずこのアルバムからの1stシングルである#1が好き過ぎてヤバい。弾むようなリズムで爽やかに広がっていくサビのコーラスがとても秀逸です。爽やか過ぎて晴れた日のドライブとかにほんとぴったり。いかにも売れ線といった感じの楽曲ではありますが、たまにはそういう曲も良いじゃん、って気分になってしまいます。
あとはまぁ#2とか#4#7あたりがキャッチーで元気な曲なのでそれなりにお気に入り。それ以外はしっとりした曲や大人しい曲になっており、ボーイズグループのそういう曲ってそこまで好きじゃないんだよなぁってなってしまうかな。

ってことで、海外では「UK出身グループとして史上初となるデビュー・アルバムでの全米チャート初登場1位!」とか騒がれているわりに、日本ではそこまで流行っていない気もするこのグループ。流行りそうな要素は持ってるんだから、もっとみんな聴いてみればいいのにと思います。やっぱ日本で洋楽がアヴリル・ラヴィーンくらい流行るためには、信じられないくらいテレビでゴリ押しとかしないとダメなのかな。とりあえず洋楽好きでミーハーな方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Live While We're Young(→PV)

オススメ度…81点

OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1684-8f65dc6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。