EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KATANA 「STORMS OF WAR」
KATANA 「STORMS OF WAR」

Katana Storms Of War

<収録曲>
1. Reaper
2. Wrath Of The Emerald Witch
3. Khubilai Khan
4. The Samurai Returns
5. City On The Edge Of Forever
6. No Surrender
7. In The Land Of The Sun
8. The Gambit
9. Modesty Blaise
10. The Wisdoms Of Emond's Field


スウェーデン出身の正統派メタルバンド、カタナの2作目。
2012年発表。

バンド名やジャケからしてもうイロモノ臭しかしませんし、実際に歌詞もそんな感じだったりはするのですが、とても真面目で王道な正統派メタルをやっています。アイアン・メイデンに通じるようなメロディアスなリフで軽快に疾走していくタイプのサウンドで、少々エピックメタル寄りのメロディがちょいちょい顔を出してくるのが特徴。NWOTHMの中の変わり種のようなバンドで、なかなか面白いです。

冒頭の#1は超王道な疾走曲。軽快なツーバスとリフで心地よく駆け抜けていきます。
#2も同様にメロディアスに疾走していく曲。ピロピロとしたツインリードが良い。
#3は無駄にドラマティックな雰囲気を出してくる曲。やはり音自体は正統派メタルど真ん中なのですが、やたらエピカルでクサいところがダサくて素敵。「クビラーイ・カーン♪」という音の響きのダサさたるや!
#4はこれまたヒロイックなリフが耳を惹く。勢いもあって良い曲です。
#5はツッタカツッタカとしたリフがどことなくメイデンを彷彿とさせる。サビはしょーもないコーラスですが、耳に残ってしまいます。
#6はミドルテンポの勇壮な曲。ヴァイキングメタルのような雰囲気が漂いますが、それにしてはちと音が軽いので、ちょっとだけ物足りないかもしれません。
#7はSEを交えた静かなイントロから徐々に盛り上がっていく曲。メイデンのプログレライクな部分をそっくり取り入れたかのような雰囲気がとても微笑ましい。
#8はシンプルなリフで突き進む曲。良くも悪くも忠実に伝統的。
#9は冒頭のメロいツインギターのハモりがとても素敵な曲。
#10は最後を飾るにふさわしいドラマティックな曲ですが、やはり注目を集めるのはメイデン風のメロいリフ運びです。

ってことで、全体的にアイアン・メイデンを再現しながら少しだけエピカルにした雰囲気が漂う作品です。めっちゃイロモノ臭漂うのに、やってることがめっちゃ正統的ってとこに好感度を持たざるを得ない。普通に良いバンドなので、正統派メタルが好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Reaper
3. Khubilai Khan
7. In The Land Of The Sun
10. The Wisdoms Of Emond's Field

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1690-175adf19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。