EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小川一水の『天冥の標 I - メニー・メニー・シープ』を読了
小川一水の『天冥の標』シリーズの第一弾。
『天冥の標 I - メニー・メニー・シープ』の上下巻を読み終わった。

天冥の標 I 上 天冥の標 I 下

いやー、これは面白い。

あちこちのサイトやブログで絶賛されてたし、高校の同期にも強くオススメされていて、結構前から買ってはいたのですが、ずっと積んだままにしていました。

なかなか着手しなかった理由としては、まだ完結していないから。

全部で第十弾までという構想だそうで、第七弾の『天冥の標 VII - 新世界ハーブC』が今年の夏に出る予定だとか。

それを聞いて、「完結までしばらくかかりそうだし、既刊の分だけでも先に読むかー」ということで、ようやく昨日読み始めたわけです。

そう、昨日。

そして読み始めた瞬間、あまりの面白さに引き込まれ、1日半で第一弾の上下巻とも読み終わってしまったというハマり具合。

いやー、これは面白い。

地球から遙か離れた植民星"メニー・メニー・シープ"を舞台に、権力者との抗争、未知の怪物との遭遇、過去に続く謎の解き明かしといった要素が絡み合うというストーリー。

一応SFではあるのですが、それほど難しい世界観の設定ではなく、すんなりと入り込めるのがとても読みやすくて良い。人間以外の種族も色々と登場したりして、ちょっぴりファンタジーっぽい部分も。

というか、全体的にファイナルファンタジーとか好きな層にめっちゃ受けそうな世界観です。FF10とか。

主人公級の登場人物がどんどん死んでくし、あまりにも謎だらけだし、展開がスピーディーなくせに先が全く読めないので、めっちゃ面白いし続きが気になります。

ってことで、早速第二弾の『天冥の標 II - 救世群』に進もう。
それ以降のも大学の帰りに全部買ってこう。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1691-68803d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。